教育業界ニュース

AI型教材Qubena利用100自治体突破…オンライン説明会9/17・24

 COMPASSは2020年9月10日、提供するAI型教材「Qubena(キュビナ)」の利用自治体数が100自治体、公私立小中高校の導入校が計750校、利用者数が20万人を突破したと発表した。あわせて、今後導入を検討する自治体などに向けたオンライン説明会を9月17日と24日に開催する。

教材・サービス 授業
Qubenaの導入実績(2020年9月時点)
  • Qubenaの導入実績(2020年9月時点)
  • Qubenaの利用イメージ
  • Qubena
 COMPASSは2020年9月10日、提供するAI型教材「Qubena(キュビナ)」の利用自治体数が100自治体、公私立小中高校の導入校が計750校、利用者数が20万人を突破したと発表した。あわせて、今後導入を検討する自治体などに向けたオンライン説明会を9月17日と24日に開催する。

 Qubenaは、児童・生徒ひとりひとりの習熟度にあわせてAIが最適な問題を出題するアダプティブラーニング教材。タブレット端末とインターネット環境があればどこでも学習でき、先生用の管理画面では児童・生徒の学習履歴をリアルタイムに管理することができる。2018年に公教育向けのサービス提供を開始し、2019年9月には10自治体、ユーザ数2.3万人、導入校数80校だった利用状況が、1年後の2020年9月に約9倍と大幅に拡大した。

 新型コロナウイルスによる休校措置などの影響を受け、子どもたちの学びを保障しようと文部科学省が「GIGAスクール構想」を加速させ、1人1台端末を早期に実現するためにスケジュールを前倒している。各自治体においても2020年度中の学校への1人1台端末の配備や、経済産業省の「EdTech導入補助金」などを利用したソフトウェアの整備が急速に推し進められており、こうした背景がQubenaの利用拡大にもつながっているという。

 Qubenaは、現在の算数・数学、英語の2教科対応から、2021年4月に小中学校における主要5教科対応版をリリースする予定。今後より多くの自治体・学校での利用を想定し、現在AIドリルを含むICT教材の導入を検討している自治体や、自治体からの要望によりICT教材の提案を行いたい販売会社向けにQubenaのサービスに関するオンライン説明会を開催する。

 開催日は9月17日と24日の2日間。両日ともに自治体向けと販売会社向けに時間帯を分けて実施する。申込みはQubenaのWebサイト申込みフォームにて受け付けている。

◆Qubenaのサービスに関するオンライン説明会
日程:2020年9月17日(木)、24日(木)
時間:<自治体の教育委員会向け>各日16:00~17:00、<販売会社向け>各日14:00~15:00
会場:オンライン開催(Zoom使用)
対象:自治体の教育委員会、販売会社
参加費:無料
申込方法:QubenaのWebサイト内、説明会プレスリリースに記載の申込みフォームから申し込む
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top