教育業界ニュース

学校トイレの感染症対策、今後の方針「自動水栓」74%

 学校のトイレ研究会は2020年8月25日、「2019年度全国自治体アンケート調査」の結果を公表した。学校トイレの感染症対策は、改修時「便器の洋式化」、利用時「手洗いの励行」、清掃時「乾式清掃」がもっとも多かった。今後の方針は、非接触の自動水栓が74%にのぼった。

教育行政 教育委員会
学校トイレにおける感染症対策として実施している項目
  • 学校トイレにおける感染症対策として実施している項目
  • 学校トイレの手洗いにおもについている水栓(蛇口)の状況
  • 「学校トイレの挑戦!2020」23号(表紙)
 学校のトイレ研究会は2020年8月25日、「2019年度全国自治体アンケート調査」の結果を公表した。学校トイレの感染症対策は、改修時「便器の洋式化」、利用時「手洗いの励行」、清掃時「乾式清掃」がもっとも多かった。今後の方針は、非接触の自動水栓が74%にのぼった。

 学校のトイレ研究会は、校舎の老朽化や清掃・メンテナンスの不備から5K(臭い・汚い・暗い・怖い・壊れている)と言われていた学校トイレについて、児童・生徒が安心して使える清潔で快適な場所にしていこうと、TOTOなどトイレ関連6社が1996年に発足。自治体へのアンケート調査と研究誌発行を年1回行っている。

 「2019年度全国自治体アンケート調査」は2019年11~12月、全国1,787自治体(都道府県、市区町村の教育委員会)を対象に郵送でアンケートを実施。204の教育委員会から回答を得た。

 学校トイレで感染症対策として実施している項目は、利用時では「用足し後の手洗いの励行」60%、「手洗い用石けんなどの設置」57%が多く、いずれも6割にのぼった。改修時では「便器の洋式化」が88%、清掃時では「トイレの乾式清掃(床に水をまかない)」が41%と、もっとも多かった。

 学校トイレの手洗いにはおもにどの水栓(蛇口)についているかという質問では、トイレ未改修の学校は「ハンドル水栓」が78%を占め、「自動水栓」は17%にとどまり、新築~改修済み学校の「自動水栓」の設置60%を大きく下回った。新築・改築予定の学校などの今後の方針については、74%の自治体が非接触の「自動水栓」を導入したいと回答した。

 学校のトイレ研究会では、アンケート結果について「実施時期はコロナウイルス拡大前ながら感染症対策・予防に関わる重要な示唆が得られた」と指摘。「新型コロナウイルスの世界的な流行の中、学校のトイレ改修計画にも、感染症対策への配慮が求められる」としている。

 調査結果の詳細は、8月20日発行の学校のトイレ研究会研究誌「学校トイレの挑戦!2020」23号に掲載されている。23号では、新型コロナウイルスと学校トイレの感染症対策を特集。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、学校の感染症対策について自治体アンケートの結果と感染症専門家のインタビューを紹介している。

 「学校トイレの挑戦!2020」23号は、学校のトイレ研究会のWebサイトから、無料で閲覧・取寄せできる。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top