教育業界ニュース

証明書発行サービス、オンライン学修歴証明ネットワーク

 国際教育研究コンソーシアム(RECSIE)は2020年9月2日、アイルランドのダブリンに本拠をおくDigitary社と提携し、大学の卒業証明書などの学修歴証明書をデジタル化し、オンライン上で発行する「オンライン学修歴証明ネットワーク」のサービス提供を開始すると発表した。

教材・サービス 校務
RECSIEは、オンライン上で発行する「オンライン学修歴証明ネットワーク」のサービス提供を開始する
  • RECSIEは、オンライン上で発行する「オンライン学修歴証明ネットワーク」のサービス提供を開始する
  • RECSIEは、オンライン上で発行する「オンライン学修歴証明ネットワーク」のサービス提供を開始する
  • RECSIEは、オンライン上で発行する「オンライン学修歴証明ネットワーク」のサービス提供を開始する
 国際教育研究コンソーシアム(RECSIE)は2020年9月2日、アイルランドのダブリンに本拠をおくDigitary社と提携し、大学の卒業証明書などの学修歴証明書をデジタル化し、オンライン上で発行する「オンライン学修歴証明ネットワーク」のサービス提供を開始すると発表した。

 RECSIEとDigitary社は、2020年9月よりオンラインによるデジタル学修歴証明書の実証実験を開始し、2021年の本格運用を目指している。この取組みで、学生の就職活動や海外留学などで必要とされる大学の卒業証明などの学修歴証明書をオンライン上で取得し、証明書および検証のためのリンクURLを提出先に送付する、日本で初めてとなるデジタルソリューションプラットフォームを提供する。

 これにより、いつでも、世界中のどこからでもパソコンやタブレット端末、スマートフォンを使って、オンラインでデジタル認証された卒業証明書や成績証明書にアクセスでき、日本国内だけでなく海外の留学先や就職先にも公式証明書として送付できるようになる。

 オンライン学修証明ネットワークは、日本語と英語によるサービスやサポートを提供。学習者には、セキュアなデジタル形式で、検証された公式の成績証明書、資格証明書、そのほか証明書へアクセス、閲覧し、提出先と共有することができる。

 日本の高等教育機関は、デジタル文書やデータを自主的に管理設定し、ブランド価値を維持しながら、学生や卒業生のために効率的で生産的なサービスとして提供できる。セキュアのグローバルネットワークを通じて、国内外の学生からの証明書発行依頼を自動化処理することが可能。学歴ポートフォリオ、マイクロクレデンシャル、MOOCなどの先進的な高等教育ビジネスモデルを実現する。
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top