教育業界ニュース

市原市×ライフイズテック、DX人財育成モデル構築に向け連携

 市原市と市原市教育委員会、ライフイズテックは2021年4月20日、「市原版 DX人財育成モデル」の構築に向けた連携協定を締結した。義務教育課程を含め、幅広い年代を見据えたDX人財育成モデルの構築に係る3者連携は、全国でも初めての取組みとなる。

教育行政 教育委員会
DX人財育成に向けた連携協定締結
  • DX人財育成に向けた連携協定締結
  • 具体的な取組み内容
 市原市と市原市教育委員会、ライフイズテックは2021年4月20日、「市原版 DX人財育成モデル」の構築に向けた連携協定を締結した。義務教育課程を含め、幅広い年代を見据えたDX人財育成モデルの構築に係る3者連携は、全国でも初めての取組みとなる。

 これまで、市原市とライフイズテックは、2020年度に社会人・大学生を対象にしたDX人財の育成プログラムとして、IT・プログラミングスキルを習得し、地域課題解決に取り組む「市原市Leaders」を実施してきた。今回の連携協定により、ターゲットをさらに拡張し、中学生から社会人までを対象としたDX人財育成システムを構築する。

 あらゆる地域課題の解決を図り、地域の発展につなげるため、「(1)教え手の育成」「(2)学習プログラムの提供」「(3)コミュニティーの形成」という3つの観点で取り組み、地域で循環するDX人財育成の仕組みづくりに注力していく。

 具体的な取組みとして、(1)に関しては社会人・学生対象のDX人財育成プログラムを継続展開、中学校教員に対してプログラミング研修を実施する。(2)に関しては、社会人・学生がICTで地域課題解決に取り組むプログラムを実施し、市原市内の中学校全22校6,651名を対象に、プログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を導入。(3)に関しては、市原メンターを中学校に派遣し、プログラミングの授業をサポート。社会人・学生との交流を通じて、中学生のキャリア教育にもつなげる。

 3者は今後、さらに年代を拡げるなどの取組みの発展も見据え、市原市が目指す地域主体のまちづくりに向けて連携を強化していくとしている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top