教育業界ニュース

東京都、英語動画教材シリーズ「TokyoGlobalStudio」配信開始

 東京都は2020年10月23日、都独自の小学生・中学生・高校生・教員向け英語動画教材シリーズ「TokyoGlobalStudio(トウキョウグローバルスタジオ)」のWebサイトを開設。動画コンテンツの配信を開始した。児童・生徒向けコンテンツは誰でも無料で活用できる。

教材・サービス 授業
TokyoGlobalStudio
  • TokyoGlobalStudio
  • TokyoGlobalStudioの特色
 東京都は2020年10月23日、都独自の小学生・中学生・高校生・教員向け英語動画教材シリーズ「TokyoGlobalStudio(トウキョウグローバルスタジオ)」のWebサイトを開設。動画コンテンツの配信を開始した。児童・生徒向けコンテンツは誰でも無料で活用できる。

 「TokyoGlobalStudio」は、GIGAスクール構想の前倒しにより小中学校での1人1台端末の整備が急速に進み、オンライン学習に向けた環境が整備される中、授業や家庭で活用できる英語のオンライン学習教材の充実を目的に都が独自に開発した教材。児童・生徒が、英語を使う楽しさや有用性を体感できるコンテンツをWebサイト上で一元的かつ体系的に提供する。

 小学校から高校までの学習指導要領を踏まえながら、特に各校種の英語教育における重要課題である「小学校における外国語活動および英語の教科化」「中学校におけるスピーキング力の育成」「高校における英語での多様な分野の学び(CLIL:Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)の考え方の活用)」などに対応したコンテンツを順次配信。コンテンツは、東京都英語村TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)の施設やスタッフ、ノウハウを活用するとともに、 国内外の大学や海外の行政機関など東京都教育委員会の多様な連携先の協力を得て制作している。

 小学生向けには、英語に慣れ親しみ、フレーズや語彙の習得をねらいとした36本を用意。3・4年生、5・6年生と難易度を上げ、徐々にレベルアップするよう構成している。中学生向けは、文法やフレーズ、語彙などの定着とスピーキング力の育成をねらいとした40本を、高校生向けは、英語で探究的に多様な分野を学習することをねらいとした20本を用意。さらに、効果的に授業に導入できるよう、TGGで提供しているメソッドを映像とテキストで具体的に解説した教員用指導資料も4本公開。教員用のみ、閲覧・利用時にログインが必要となる。

 10月26日現在は、児童・生徒用動画6本と教員用動画4本を公開。次回は11月下旬に配信予定。動画は順次追加し、2020年度中にはすべてのコンテンツ計100本を提供する予定だ。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top