教育業界ニュース

校務支援「EDUCOMマネージャーC4th for High School」都立高導入

 学校支援システムを展開するEDUCOMは、新たに提供を開始した高校向け統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャーC4th for High School」の東京都立学校導入が決定したと発表した。

教材・サービス 校務
EDUCOMマネージャーC4th for High School
  • EDUCOMマネージャーC4th for High School
  • EDUCOM
 学校支援システムを展開するEDUCOMは、新たに提供を開始した高校向け統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャーC4th for High School」の東京都立学校導入が決定したと発表した。

 「EDUCOMマネージャーC4th」は、校務だけでなく、教務系(成績処理、出欠確認、時数等)、保健系(健康診断票、保健室管理等)、指導要録等の学籍関係、学校事務系等を統合した機能を有し、ひとりひとりの子供に紐づく情報を多面的に可視化することで、先生方の気付きを最大化し、組織的な学級運営・学校経営を支援する統合型校務支援システム。2021年10月時点で、全国約440自治体、約8,800校の小・中学校に導入されている。

 今回、サービスの提供対象を拡大するために、高校市場で実績のあるテクノコーポレーションと共同で、高校向け統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャーC4th for High School」を開発。製品ラインアップに加え、10月には県単位を含む複数地域・学校で本稼働を開始。加えて、東京都立学校での導入が決定した。

 東京都立学校への導入に向けては、NTT東日本と共に構築準備を進めており、2022年度より順次システム稼働を開始する予定。東京都教育庁では「TOKYOスマート・スクール・プロジェクト」により教育のICT化を推進しており、統合型校務支援システムもこの一角を担うものになるという。

 EDUCOMは、「EDUCOMマネージャーC4th for High School」を皮切りに、今後、小学校から高校までをカバーする学校支援システムを提案していくとしている。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top