教育業界ニュース

デジタル機器を学校へ無償貸与、国立情報学研究所

 国立情報学研究所(NII)は2021年1月29日、全国の教育研究機関に向け、遠隔授業やプログラミング学習に必要なデジタルカメラ、スピーカーフォン、プログラミング学習キットを無償貸与すると発表した。4月以降から順次、提供を開始する。

ICT機器 授業
提供機器
  • 提供機器
  • 概要(一部)
 国立情報学研究所(NII)は2021年1月29日、全国の教育研究機関に向け、遠隔授業やプログラミング学習に必要なデジタルカメラ、スピーカーフォン、プログラミング学習キットを無償貸与すると発表した。4月以降から順次、提供を開始する。

 新型コロナウイルス感染症の拡大以後、教育現場では遠隔授業への対応が急遽必要になるなど、教育機会の確保のために大きな変化が求められている。国立情報学研究所では、オンライン教育の普及など、学校現場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を支援しようと、全国の教育研究機関にICT機器の無償貸与を新たにスタートする。

 提供対象機関は、全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、教育委員会、大学、短期大学、高等専門学校、特別支援学校、SINET(学術情報ネットワーク)加入機関。ただし、送付先は日本国内限定。デジタルカメラセット(カメラ2台)、スピーカーフォンセット(スピーカー・マイク各2台)、プログラミング学習機器セット(5セット)のうち、機関ごとに1種類を貸与する。具体的な製品や仕様は調達後に確定する。

 カメラは、学校のさまざまな活動の静止画や動画が撮影でき、遠隔授業用にWebカメラとしても活用できるデジタルカメラ。スピーカーフォンセットは、教室で遠隔授業などを実施する際、遠隔地と教室内の児童・生徒との音声コミュニケーションをサポートする大人数用スピーカーとマイク。プログラミング学習機器セットは、自由に組み合わせて試すことができる小学生向け学習用機器。各機関が、機関の所在地を中心に実施する遠隔授業やプログラミング教育活動が支援対象となる。

 4月以降から順次提供を開始するが、提供機器の準備状況により、提供開始は遅れることがある。提供期間は2024年3月31日まで。利用目的が終了後は速やかに機器を返却する。返却時の送料は利用機関の負担となる。

 申込期間は、1月29日から2月19日まで。1機関ごとに利用希望を機関担当者が取りまとめ、NIIのWebサイトの申込サイトより応募申請する。提供は、基本的に1機関1種類。応募者多数の場合はNIIで選考し、機関担当者に3月中旬ごろに連絡する。

◆国立情報学研究所「デジタル機器の無償貸与」
提供期間:2021年4月~2024年3月31日(日)
申込期間:2021年1月29日(金)~2月19日(金)
提供対象機関:全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、教育委員会、大学、短期大学、高等専門学校、特別支援学校、SINET(学術情報ネットワーク)加入機関
※送付先は日本国内に限る
提供機器:
・デジタルカメラセット(カメラ2台)
・スピーカーフォンセット(スピーカー・マイク各2台)
・プログラミング学習機器セット(5セット)
※機関ごとに1種類を貸与
費用:無償
※返却時の送料は利用機関の負担
申込方法:申込サイトから応募申請する
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top