教育業界ニュース

教員向けICT教育コンテンツ、LINE上で無償提供

 日本教育技術学会は2020年12月9日、LINEが設立した教育分野での社会貢献事業の財団である「LINEみらい財団」と協力し、LINE上で教員向けICT教育コンテンツを無償で提供することを発表した。

教材・サービス 授業
ICT教育コンテンツ(イメージ)
  • ICT教育コンテンツ(イメージ)
  • ICT教育コンテンツ(イメージ)
  • ICT教育コンテンツ(イメージ)
  • ICT教育コンテンツ(イメージ)
 日本教育技術学会は2020年12月9日、LINEが設立した教育分野での社会貢献事業の財団である「LINEみらい財団」と協力し、LINE上で教員向けICT教育コンテンツを無償で提供することを発表した。

 日本教育技術学会とLINEみらい財団が協力して提供する教員向けコンテンツは、「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」LINE公式アカウントにて配信。合計で1,545本の授業動画と小中高あわせて11万問のオンライン問題をLINEで学習できる。

 提供コンテンツはGIGAスクール・オンライン授業に対応。学年別・教科領域別の指導案・指導法コンテンツおよび効果的な学級経営・働き方に関する情報を提供するほか、サークル勉強会・教育セミナースケジュールの紹介、4択早押しクイズの提供、教材・資料の紹介などを予定している。

 利用の際は、LINEのホーム画面から「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」と検索するか、QRコードを読み込み、アカウントを友だち追加すること。アカウントのトーク画面上の「教員」タブをタップすると、学年別・領域別の指導案・指導法コンテンツなどを閲覧することができる。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top