教育業界ニュース

AI型教材Qubena、5教科対応版を2021年4月より提供

 COMPASSは2021年4月より、公教育向けにAI型教材Qubena(キュビナ)の5教科対応版を提供開始する。小中学校における算数/数学・国語・理科・社会・英語の主要5教科で個別最適化学習を実現する。

教材・サービス 授業
Qubena
  • Qubena
  • 各教科の問題画面イメージ
 COMPASSは2021年4月より、公教育向けにAI型教材Qubena(キュビナ)の5教科対応版を提供開始する。小中学校における算数/数学・国語・理科・社会・英語の主要5教科で個別最適化学習を実現する。

 Qubenaは、生徒ひとりひとりの習熟度にあわせて問題を出題するAI型タブレット教材。タブレット端末とインターネット環境があればどこでも学習でき、全国の公立・私立の小中高等学校、学習塾で利用され、利用学校数は150校以上にのぼる。

 先生用の管理画面では児童・生徒の学習履歴をリアルタイムに管理することも可能。クラスや個人の学習進度や理解度、問題ごとの正答率などを把握しながら授業づくり、学習指導や成績評価ができる。また、先生が問題を選んで演習・テスト・宿題を児童生徒に配信することもできるため、プリント作成や採点業務が不要になる。

 現在、Qubenaは算数/数学、英語の2教科に対応しているが、この度「GIGAスクール構想」実現に向けて対応教科を大幅に拡大。2021年4月より、小中学校における算数/数学・国語・理科・社会・英語の主要5教科での個別最適化学習が可能になる。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top