教育業界ニュース

学校と保護者をつなぐ連絡ツール「C4th Home&School」無償提供

 学校支援システムを全国展開するEDUCOMは2020年5月より、学校から保護者への情報発信を支援する専用ツール「C4th Home&School」の無償提供を実施すると発表した。新型コロナウイルス対策に伴う休校措置で課題となっている学校と家庭の情報共有をサポートする。

教材・サービス 校務
C4th Home&School
  • C4th Home&School
  • お便り・配布文書イメージ
  • アンケートサンプル
  • アンケート集計サンプル
  • EDUCOM
 学校支援システムを全国展開するEDUCOMは2020年5月より、学校から保護者への情報発信を支援する専用ツール「C4th Home&School」(略称「H&S」)の無償提供を実施すると発表した。新型コロナウイルス対策に伴う休校措置で課題となっている学校と家庭の情報共有をサポートする。

 新型コロナウイルス対策に伴う休校措置により、学校と家庭の情報共有の重要性がクローズアップされ、電話連絡以外に保護者との連絡手段を持たない学校においては休校期間中の保護者への情報発信や学習課題等のプリント配付などが課題になっているという。そうした状況を少しでも解決することを目的に、EDUCOMは保護者への連絡ツールである「H&S」の無償提供を開始。学校と家庭との情報共有を支援する。

 「H&S」は、学校から保護者へ簡単に情報配信ができるアプリ。携帯電話、スマートフォン、パソコンなど利用端末を選ばずに情報を配信・確認することができる。メッセージは一斉送信だけでなく、学年・クラス・部活動など特定のグループに属する保護者にのみ送信することも可能。学校Webサイト上の情報発信とは異なり保護者にだけ伝えたい情報を伝達することができ、通常の学校だよりなどのお知らせや休校期間中の課題提示の1つの手段としても活用できるという。

 「H&S」にはアンケート機能も装備されており、保護者に向けたアンケートを実施し、結果を自動集約することが可能。このアンケート機能を活用して休校中の子どもたちの心身の健康状態を毎日回答してもらい、状況把握に活用している学校もあるという。そのほか、自主登校前の発熱の有無などの情報共有に利用するなど、さまざまな形で子どもや家庭の状況を把握する手段に活用できるのも特徴だ。

 さらに「H&S」では、最初に登録した保護者以外に通知を受け取りたい家族を副アカウントとして登録することが可能。子ども用のスマートフォンやタブレットを所有する家庭では、子どもを副アカウントとして登録することでダイレクトに学校からの課題送付や健康状況のアンケートを子どもたちに届けることができる。

 無償キャンペーンの提供期間は未定。新型コロナウイルス感染症の状況や学校再開の状況などを見ながら調整し決定するという。募集枠は特に設けていないが、用意したクラウド基盤の上限に達し次第募集を終了する。申込みはEDUCOMのWebサイトの問合せフォームにて受け付けている。EDUCOMは、保護者との連絡手段で困っている先生方にこの機会に活用してもらい、休校期間中の情報共有だけでなく日々の学校と家庭のコミュニケーションツールとして役立ててほしいとしている。

◆「C4th Home&School」無償キャンペーン
提供期間:2020年5月~
※終了期間は未定。新型コロナウイルス感染症の状況ならびにユーザーとの調整のうえ決定する
提供範囲:用意するクラウド基盤の上限に達し次第、募集を終了
申込方法:Webサイト問合せフォームの「資料請求」をクリックし「無償提供のご案内」にチェックを入れて申し込む
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top