教育業界ニュース

Edv Path、EdTech導入補助金活用…説明会4/20

 Edv Futureは、生きる力を育む成長型支援サービス「Edv Path(エデュパス)」のEdTech導入補助金の実証校・自治体を募集。あわせて、補助金活用についてのオンライン説明会を、2022年4月20日に開催する。

イベント 教員
EdTech導入補助金を活用して、Edv Pathを無償で活用しませんか?
  • EdTech導入補助金を活用して、Edv Pathを無償で活用しませんか?
  • Edv Path(エデュパス)
 Edv Futureは、生きる力を育む成長型支援サービス「Edv Path(エデュパス)」のEdTech導入補助金の実証校・自治体を募集。あわせて、補助金活用についてのオンライン説明会を、2022年4月20日に開催する。

 EdTech導入補助金とは、学校現場にEdTechを導入する事業者に対して、その経費を補助する経済産業省の制度。事業者が提供するEdTechツール(次世代のオンライン学習・eラーニングシステム)を、国公私立の学校やフリースクール等の教育機関に導入する際に利用することができる。教育機関は、2022年5月中旬~2023年3月31日までの対象期間中、EdTechツールを無償で利用できる。

 Edv Futureが提供する「Edv Path」は、生徒ひとりひとりの非認知能力を可視化・数値化したデータを蓄積し、最適なカリキュラムとコーチングを提案できるアカデミックアドバイスソフトウェア。学校内独自の教育活動や、探究カリキュラムの効果測定等にも利用できる。非認知能力とは、テスト等で測定できない「コミュニケーション能力」「行動力」「感情をコントロールする力」等のこと。2020年の教育改革以降、もっとも重要とされている能力で、ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン氏も「非認知能力が高いと、将来幸せや経済的な安定につながる可能性が高い」と語っている。

 Edv FutureはEdTech導入補助金の実証校・自治体募集にともない、オンラインセミナー「"非認知能力の数値化"データに基づく非認知能力育成で生徒の学習意欲を高める秘訣」を4月20日に開催する。セミナーでは、Edv Pathのサービス内容の他、Edv Pathを無料導入できるEdTech導入補助金活用についての説明を行う。対象は自治体の教育委員会、中学・高校教員等、30名限定で募集する。申込みは、Peatixから受け付ける。

◆オンラインセミナー「"非認知能力の数値化"データに基づく非認知能力育成で生徒の学習意欲を高める秘訣」
日時:2022年4月20日(水)19:00~20:00
会場:オンライン(Zoom)
対象:全国の中学校・高等学校等
募集人数:30名
参加費:無料
申込方法:Peatixから申し込む
内容:Edv Pathサービス説明、「EdTech導入補助金2022」活用に向けた説明
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top