教育業界ニュース

オミクロン株感染予防策の徹底を学校等へ通知…文科省

 文部科学省は2022年2月4日、各教育委員会等に対し、新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株が10代以下へ急速に感染拡大していることを受け、現時点までに得られた知見をもとに、学校における感染症対策で特に取り組むべき対策についてまとめ通知した。

教育行政 文部科学省
文部科学省
  • 文部科学省
  • 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
 文部科学省は2022年2月4日、各教育委員会等に対し、新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株が10代以下へ急速に感染拡大していることをうけ、現時点までに得られた知見をもとに、学校における感染症対策で特に取り組むべき対策についてまとめ通知した。

 今回発出された通知では、基本的な感染症対策の強化・徹底、具体的な活動場面ごとの感染症対策についての他、重症化のリスクの高い児童生徒等の対応、分散登校・オンライン学習等の実施等について記載。

 「基本的な感染症対策の強化・徹底」では、日々の健康観察で、普段と体調が少しでも異なる場合には、児童生徒等・教職員共に自宅での休養を徹底することの他、衛生管理マニュアルで示す地域の感染レベルが3および2の地域では、同居家族に同様の症状が見られる場合も登校・出勤を控えること。さらに児童生徒等の登校時に、健康観察表等を活用し検温結果・健康状態を把握することを求めた。また、換気について、エアコン使用時も含め、気候上可能な限り、常時換気に努めることの他、CO2モニターによる二酸化炭素濃度の計測をすることを推奨。また給食時におけるマスク(不織布推奨)の着用徹底をあらためて周知した。

 「具体的な活動場面ごとの感染症対策」では、衛生管理マニュアルの行動基準において、「感染拡大局面にあるレベル2の地域も感染リスクの高い活動を停止する」と記載されているが、特に、近距離での対面グループワークや合唱、運動等、感染リスクの高いものについては基本的に控えるとともに、感染が拡大していない地域では実施を慎重に検討するよう求めた。

 また、衛星管理マニュアルに、体育の授業や運動時には身体へのリスクを考慮してマスクの着用は必要ないと記載しているが、現下の感染拡大時期においては、衛生管理マニュアル上のレベルに関わらず、部活動を含め、「基本的にマスク着用」とした。部活動においては、活動前後に集団での飲食や部室等の共有エリアの一斉利用を控える等、付随する場面での対策についても徹底するよう求めた。幼稚園においては、マスクの着用が難しい場合は、無理して着用させる必要はないとしている。

 分散登校・オンライン学習等の実施については、ガイドラインを踏まえた対応を実施し、学校を臨時休業する前に、地方自治体や学校設置者が判断し、時差登校・分散登校やオンライン学習を組み合わせた学習形態を実施するよう求めた。なお、学校で感染者が発生していない臨時休業については、児童生徒等の学びの保障や心身への影響等を踏まえ、慎重に検討する必要があるとした。また、重症化のリスクの高い児童生徒等については、主治医の見解を保護者に確認し、登校については個別に判断するよう求めた。

 抗原定性検査キットについては、国立感染症研究所より、その診断精度について、オミクロン株による影響を受けない可能性が示唆されているとの見解が示されており、引き続き、文部科学省より各学校等に対して配布した抗原簡易キットを必要に応じて活用してほしいとしている。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top