教育業界ニュース

教育同人社×富士通、デジタルドリル教材開発に着手

 教育同人社は2021年12月22日、富士通Japanと共同で2022年4月リリースに向け、紙教材と同感覚で授業や自宅学習に利用できる、小学校向け自動採点型ドリルの開発に着手すると発表した。

教材・サービス 授業
教育同人社デジタルドリル
  • 教育同人社デジタルドリル
  • デジタルドリル教材(イメージ)
 教育同人社は2021年12月22日、富士通Japanと共同で2022年4月リリースに向け、紙教材と同感覚で授業や自宅学習に利用できる、小学校向け自動採点型ドリルの開発に着手すると発表した。

 開発するデジタルドリル教材では、富士通Japanが「ペンまーる」で培った手書き文字採点技術のノウハウを活用。開発する共通プラットフォーム上で教材化し配信することで、紙教材の使用感を生かしたデジタルドリル教材が実現可能となる。教育同人社の「くりかえし計算ドリル」「漢字のたしかめ」を全問デジタル化し、自動採点、自動集計機能や書き順チェック用の「1文字漢字プリント」を搭載する予定。対応学年は3年生から6年生となっている。

 これらのデジタルドリル導入によって教員は、システムに蓄積された児童生徒の全解答データを専用画面から参照、児童生徒ひとりひとりの学習の進捗状況や理解度、学びの定着度をリアルタイムで把握。指導に生かすことができるようになる。児童生徒は、自動採点機能により、すぐに答え合わせができ、正しい解答を確認することで、主体的に学びを進めることが可能になる。

 デジタルドリルの販売方法は、従来の図書教材の販売方法と同様に特約代理店から購入する。また従来通り、学校や学年単位での採用もできる。

 教育同人社のデジタル教材の詳細は2022年1月中旬に同社Webサイトにて公開を予定している。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top