教育業界ニュース

【全国学力テスト】2年ぶり実施、文科大臣がコメント

 2021年度(令和3年度)全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を受けて、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年8月31日、コメントを発表した。教科調査の結果については「改善の傾向が見られたものがある一方、依然として課題が認められるものがあった」と述べた。

教育行政 文部科学省
萩生田文部科学大臣コメント(一部)
  • 萩生田文部科学大臣コメント(一部)
  • 文部科学省の主な取組一覧
 2021年度(令和3年度)全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を受けて、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年8月31日、コメントを発表した。教科調査の結果については「改善の傾向が見られたものがある一方、依然として課題が認められるものがあった」と述べた。

 2021年度(令和3年度)全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)は5月27日、全国の小学6年生と中学3年生を対象に実施。8月31日に結果が公表された。

 萩生田大臣は、2年ぶりとなった2021年度調査について、新型コロナウイルス感染症の影響下で、各教育委員会や学校等に後日実施の仕組みも活用してもらい、大きな混乱なく実施できたと評価。感染症対策を徹底しながらの調査実施協力に感謝の言葉を述べた。

 小学校は新学習指導要領が全面実施されてから初めての調査となった。教科調査結果については、「改善の傾向が見られたものがある一方、依然として課題が認められるものがあった。具体的には、複数の文章や資料等を結び付けて必要な情報を見付けることや、日常の事象を表、式、グラフ等を用いて数学的に解釈したり説明したりすること等に課題があることが明らかになっている」と概観した。

 学校や児童生徒への質問紙調査の結果については、「新学習指導要領に基づく主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善に関する取組が引き続き進んでいる」「過年度と比較して、児童生徒の心理面にさまざまな変化が見られることや、特に校外における教員の研究会等への参加の機会や地域とのかかわりが減少している」等が明らかになったとコメントした。

 教育委員会や学校等に対しては、調査結果を十分活用して、児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図ること等を求めた。調査結果の公表に関しては、保護者や地域住民に説明責任を果たすことが重要である一方、調査で測定できるのは学力の特定の一部分であること等を踏まえ、序列化や過度な競争が生じないようにする等、教育上の効果や影響に十分配慮を行うようお願いしている。

 今後については、児童生徒の学力・学習状況のさらなる向上・改善等を図るため、「新学習指導要領の着実な実施」「GIGAスクール構想の実現のためのハード・ソフト・人材一体となった学びの環境整備」「児童生徒の豊かな心をはぐくむための取組の推進」「新しい時代の学びに向けた教師等の指導体制の環境整備」等の取組みを推進していくとした。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top