教育業界ニュース

コロナ感染拡大、基本的対処方針を変更…文科省

 文部科学省は2021年8月5日、8県がまん延防止等重点措置の対象区域に追加され、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受けて、大学等の学校設置者に変更内容を通知した。感染症対策の徹底と学修機会の確保を両立する工夫等を要請している。

教育行政 文部科学省
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 文部科学省
 文部科学省は2021年8月5日、新たに8県がまん延防止等重点措置の対象区域に追加され、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受けて、大学等の学校設置者に変更内容を通知した。感染症対策の徹底と学修機会の確保を両立する工夫等をあらためて要請している。

 政府は、まん延防止等重点措置の対象区域に福島県・茨城県・栃木県・群馬県・静岡県・愛知県・滋賀県・熊本県を追加し、実施期間を8月8日から8月31日までとする。この決定にともない、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を変更した。

 文部科学省は8月5日、大学や高等専門学校等の設置者に向けて基本的対処方針の変更について通知を発出。学校の取扱いに関する記載に変更はないとし、各大学等には引き続き、感染対策の徹底と学生の学修機会の確保を両立する工夫等をお願いしている。

 夏期休業中の感染症対策、大学等に対する抗原簡易キットの配布、大学等を拠点とするワクチンの接種については、7月30日に出した「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の変更等について(通知)」等で示している留意事項を参照のうえ、適切に対応するよう求めている。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top