教育業界ニュース

ロイロノート・スクール1日120万人突破記念…活用本無料配布

 LoiLoは、授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の1日の利用者数が120万人を突破したことを記念し、ロイロノート・スクールの教科別活用法をまとめた本を無料配布するキャンペーンを実施する。申込みは8月末まで受け付け、申込者全員に無料で届ける。

教材・サービス 授業
ロイロノート・スクール教科別活用本 無料配布キャンペーン
  • ロイロノート・スクール教科別活用本 無料配布キャンペーン
  • ロイロノート・スクール
 LoiLoは、授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の1日の利用者数が120万人を突破したことを記念し、ロイロノート・スクールの教科別活用法をまとめた本を無料配布するキャンペーンを実施する。申込みは8月末まで受け付け、申込者全員に無料で届ける。

 ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代に生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。小学校から大学まですべての授業で使うことができ、資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有を直感的に行うことで、子供たちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減を実現する。マルチプラットフォームに対応しており、どんな端末でも利用可能。現在、国内外1万校に導入されている。

 GIGAスクール構想での1人1台端末が普及し、ロイロノート・スクールを導入する自治体・学校が増えている中、6月18日に1日のロイロノート・スクール利用者数が120万人を突破。120万人の利用者が1日に計6億回、1人あたり500回もクラウドサーバーへアクセスしていたという。この数字から1人あたりの利用が長時間にわたり、どの授業でも利用されていることがうかがえる。

 LoiLoは、1日の利用者数120万人を記念し、各教科の授業でロイロノート・スクールを効果的に使用するための活用法をまとめた本を作成。希望者全員に無料配布するキャンペーンを展開する。教科別活用本は、日ごろからロイロノート・スクールを活用しているロイロ認定ティーチャーへのヒアリングをもとに、各教科の主要な活用法をまとめて作成。授業でどのようにロイロノート・スクールを使えばよいか悩む先生へのヒントがたくさん詰まっている。

 申込みはWebサイトの申込専用フォームにて受け付けている。対象は学校および教育委員会で、教育委員会が全校教員分をまとめて申し込むことも可能。申込締切は8月31日。本の発送は8月上旬を予定している。

◆ロイロノート・スクール教科別活用本 無料配布キャンペーン
申込期間:2021年8月31日(火)まで
対象:学校、教育委員会
費用:無料
申込方法:Webサイトの申込専用フォームから申し込む
本の発送:2021年8月上旬予定
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top