教育業界ニュース

英語学習サービス「TerraTalk」中学教科書連動教材を提供

 ジョイズは2021年4月、英語学習サービス「TerraTalk for Educators」において、中学生向けの教科書連動教材の提供を開始した。中学校検定教科書全6社に対応し、学校向け・塾向けコースを設定。新学習指導要領における英語4技能習得の習得を支援する。

教材・サービス 授業
中学生向け教科書連動教材の提供を開始した「TerraTalk for Educators」
  • 中学生向け教科書連動教材の提供を開始した「TerraTalk for Educators」
  • TerraTalk
 英語学習アプリケーションの開発・運営を行うジョイズは2021年4月、英語学習サービス「TerraTalk for Educators」において、中学生向けの教科書連動教材の提供を開始した。中学校検定教科書全6社に対応し、学校向け・塾向けコースを設定。新学習指導要領における英語4技能習得の習得を支援する。

 「TerraTalk for Educators」は、実践的な英語を学ぶためのクラウド・アプリケーションで、Windows、iPad/iPhone、Android、Chrome OSに対応。独自開発の発音・発話解析エンジンを軸に対話形式、音読形式のエクササイズを提供することで、英語の習得に必要不可欠な発話量と、専門家並みの発音矯正を提供。教育機関や自治体などで活用されており、4月8日時点で累計ID数が50万人を突破している。

 今回、中学生向けの新学習指導要領が2021年に始まるのに伴い、英語の学習内容の大幅な高度化を不安視する声を受け、教科書連動の新教材の開発に至った。

 4月に提供を開始した教科書連動教材は、これまでの小学生向けに加え、中学生向けの検定教科書全6社に対応。学校向け・塾向けのコースをそれぞれ設けることで異なるニーズに対応しており、学校向けには教科書の各アクティビティの準備や拡張を行うためのエクササイズを収録。GIGAスクール構想による1人1台環境を最大限に活用した日々の授業の進化をサポートする。塾向けには、単語やキーセンテンスを「読む・書く・聞く・話す」のすべての側面から強力に定着化させるエクササイズを収録。新学習指導要領への対応を予習・復習のそれぞれのシーンで支援する。

 ジョイズでは、新教材の開発にあたり、「TerraTalk for Educators」のモバイル版アプリをフルリニューアル。サービス開始以来の強みであるスピーキングに加え、現場で根強い支持のある音読練習、リスニング問題、文法問題を新たに設計し、既存の教材や授業設計とAIを用いた個別最適化された学びの融合を実現した。スムーズな学習体験に徹底的にこだわり、独自開発の発話評価エンジンでは、各教科書の内容に沿った改修を施している。

 また、Android、iOS、Windows、Chrome OSのすべてに共通のユーザーインターフェースを提供。GIGAスクールの標準端末だけでなく、家庭の端末をそのまま活用するBYOD(Bring Your Own Device)環境での利便性を大幅に向上させた。

 ジョイズは、これからも生徒ひとりひとりに最適化された学びを届けるだけでなく、変化に対する現場の負担を最小化するサービスづくりに徹底的にこだわり、生徒とその家族を含む、すべてのステークホルダーに貢献すべく、全力を尽くしていくとしている。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top