教育業界ニュース

世界のオンライン教育市場、2027年には2.8倍に成長

 Kenneth Researchは2020年11月17日、オンライン教育市場の予測評価を提供する調査レポートを発刊した。世界のオンライン教育市場は、2020~2027年の評価期間中に2.8倍に成長し、約12.68%のCAGR(年平均成長率)を記録すると予測されている。

事例 ICT活用
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • Kenneth Researchの調査レポート(一部)
 Kenneth Researchは2020年11月17日、オンライン教育市場の予測評価を提供する調査レポートを発刊した。世界のオンライン教育市場は、2020~2027年の評価期間中に2.8倍に成長し、約12.68%のCAGR(年平均成長率)を記録すると予測されている。

 オンライン教育とは、インターネットサービスに裏打ちされた、学生と教職員間の教材の相互作用と配布のための学習システムを指す。オンライン教育の助けを借りて、学生は世界のどこからでもいつでも教材や情報にアクセスできる。

 11月17日に発刊されたグローバルオンライン教育市場分析によると、世界のオンライン教育市場は2018年の1550.62億万米ドルから、2027年には4380.71億米ドルに増加。2020~2027年にわたって約12.68%のCAGR(年平均成長率)を記録すると予測されている。世界のオンライン教育市場は、2020~2027年の評価期間中に2.8倍に成長すると予想されている。

 世界中の技術の出現と技術インフラストラクチャの開発に伴い、インターネットの普及も大幅に拡大し、個人や企業が高みに到達することを可能にした。教育業界も、すべての年齢層に遠隔教育コースを登録するためのアクセシビリティを提供することにより、デジタル破壊においてほかの業界を上回った。

 教育業界では、デジタルテクノロジーの導入による変革の変化も観察。オンライン教育システムにおけるインタラクティブな教育方法の開発は、費用対効果が高いだけでなく、優れたオンラインツールでもあるとされ、オンライン教育を採用する学生の数を増やすことに貢献。このような要因は、グローバルなオンライン教育市場の成長を牽引すると予想されている。

 市場レポートは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカの5つの主要な地域に分割した地域分析に関する詳細情報も提供している。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top