教育業界ニュース

GIGAスクール構想、端末納品完了8月末時点で2%…文科省

 文部科学省は2020年9月11日、GIGAスクール構想の実現に向けた各自治体のICT環境整備状況について、8月末時点の速報値を公表した。端末の納品を完了しているのは、全国1,811自治体の2.0%にとどまったが、全体の99.6%が年度内の納品完了を見込んでいる。

教育行政 文部科学省
端末の納品完了時期(2020年8月末時点)
  • 端末の納品完了時期(2020年8月末時点)
  • 端末の調達に関する状況(2020年8月末時点)
  • 端末の調達に関する状況(2020年8月末時点)
  • ICT環境が整っていない家庭に対して、何らかの対応策を準備しているか(2020年8月末時点)
  • 早期納品のための工夫
  • 端末の早期納品に向けた自治体の取組事例(好事例)
  • 端末の早期納品に向けた自治体の取組事例(好事例)
 文部科学省は2020年9月11日、GIGAスクール構想の実現に向けた各自治体のICT環境整備状況について、8月末時点の速報値を公表した。端末の納品を完了しているのは、全国1,811自治体の2.0%にとどまったが、全体の99.6%が年度内の納品完了を見込んでいる。

 調査は、GIGAスクール構想の実現に向けた各自治体のICT環境整備などについて、8月末時点の状況を把握するため、全国の1,811自治体を対象に実施したもの。速報値を取りまとめ、整備加速に資する好事例とあわせて公表した。

 端末の調達に関する8月末時点の状況は、関連経費の議会承認済み71.2%、調達の公示済み58.0%、事業者の選定済み48.4%、納品完了済み2.0%。納品完了時期は、年内予定が27.4%、年度内予定が70.2%と、全体の99.6%が2020年度中に納品完了予定とした。

 今後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に備えた対応として、ICT環境が整っていない家庭に何らかの対応策を準備しているかについて、「全児童生徒に準備済み」は28.7%、「最終学年に対して準備済み」は5.1%。65.9%は「対応策を検討中」とした。検討中の対応策の例には、「国・自治体の補助事業や地方創生臨時交付金活用による貸出し用端末・ルータ整備」「既存端末の貸出し」「家庭にICT環境がない児童生徒のみ、学校のコンピューター室を利用」があげられた。

 速報値とあわせて公表した「整備加速に資する好事例」によると、端末の早期納品のための工夫を行っているのは、全国1,811自治体のうち、「最終学年(小6、中3)分の先行納品」が15.8%、「学校や学校種ごとで複数回に分けた順次納品」が20.4%、「家庭にICT環境がない児童生徒分の先行納品」が2.3%、「キッティング作業の効率化」が27.1%など。

 自治体の取組事例として、北九州市・京都市・福岡市・大阪市の好事例も取り上げている。また、全学年について8月までに端末の納品が可能な37自治体と、9月納品予定の42自治体を一覧にして掲載。学校数や児童生徒数、早期納入のための工夫の有無などを紹介している。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top