教育業界ニュース

【v教育ICT Expo】文部科学省 髙谷浩樹氏 基調講演「GIGAスクール構想の実現」

 2020年5月21日に開催したオンラインライブイベントより、文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課長 髙谷浩樹氏による基調講演「GIGAスクール構想の実現」の模様をお伝えする。

教育行政 文部科学省
【v教育ICT Expo】文部科学省 髙谷浩樹氏 基調講演「GIGAスクール構想の実現」
  • 【v教育ICT Expo】文部科学省 髙谷浩樹氏 基調講演「GIGAスクール構想の実現」
  • 2020年10月20日から11月20日の1か月間「リセマム10周年記念クイズスタンプラリー」を開催する。参加費無料。人気記事を読んでクイズに答え10個のスタンプを集めると、編集部が厳選したプレゼントの抽選に応募できる。
 withコロナ/afterコロナにおいて、子どもたちの学びを止めないための利活用に期待が高まる教育ICT。「バーチャル教育ICT Expo」では、子どもたちを、そして教育現場を支援する選りすぐりのサービス、プロダクトを紹介していくとともに、教育ICTの専門家による映像セミナーを実施している。

 ここでは、2020年5月21日に開催したオンラインライブイベントより、文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課長 髙谷浩樹氏による基調講演「GIGAスクール構想の実現」の模様をお伝えする。


質疑応答:47の質問と回答

講演概要



 教育現場のICT環境を抜本的に改善すべく国がGIGAスクール構想に着手した矢先、新型コロナウイルスが発生。感染症対策による学校の休業対応で、ICTの格差が顕在化し、子どもたちの学びにも影響が出る緊急事態となっている。学校におけるICT活用の立ち遅れた現状と、新型コロナウイルスにより国が前倒しを決めたGIGAスクール構想の内容、そのうえで学校現場が今対応すべきことなどを紹介する。

髙谷浩樹氏 プロフィール



 文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課長。岡山県出身。平成6年大阪大学大学院修了後、当時の科学技術庁入庁。同庁や省庁再編後の文部科学省では、エネルギー、地域イノベーション、医療研究など主に研究振興行政を担当。その間、米国スタンフォード大学留学や在スウェーデン日本大使館勤務等の経験あり。平成30年10月の文部科学省内組織再編に伴い、生涯学習政策局情報教育課長より現職。

2020年10月20日から11月20日の1か月間「リセマム10周年記念クイズスタンプラリー」を開催する。参加費無料。人気記事を読んでクイズに答え10個のスタンプを集めると、編集部が厳選したプレゼントの抽選に応募できる。<サイト開設10周年企画・教育ニュースクイズスタンプラリー>
「ReseMom」ではサイト開設10周年を記念して、クイズスタンプラリーを実施中。
人気記事10選を読んでクイズに回答&スタンプを獲得して、編集部が厳選したプレゼントに応募しよう!
>> 準備:ユーザー登録してスタンプラリーに「参加」する(スマホのみ)
- - - - - - - - - - -
Q1,平成31年3月1日現在、日本国内で教育用コンピューターの整備が最も進んでいるのは○○県。
(ヒント:本記事埋込みの動画掲載の動画15分前後を見て【ひらがな2字】で答えてね)

回答してスタンプGET(スマホからのみ)
《編集部》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top