教育業界ニュース

英検、2020年度第2回の団体受験に特別対応…日程追加など

 日本英語検定協会(英検協会)は2020年8月18日、2020年度第2回「英検」について、団体受験に関する特別対応を発表した。準会場一次試験の日程に10月10日を追加。二次準会場をA~C日程から選択できるようにし、本会場二次試験の日程変更も可能とする。

教材・サービス その他
2020年度第2回団体受験に関する特別対応
  • 2020年度第2回団体受験に関する特別対応
  • 2020年度第2回団体受験に関する特別対応
 日本英語検定協会(英検協会)は2020年8月18日、2020年度第2回「英検」について、団体受験に関する特別対応を発表した。準会場一次試験の日程に10月10日を追加。二次準会場をA~C日程から選択できるようにし、本会場二次試験の日程変更も可能とする。

 新型コロナウイルス感染症の影響によって行事やスケジュールを変更せざるを得ない学校や塾などもあり、多くの団体から試験日程の追加などを求める声が寄せられている状況を踏まえ、英検協会は第2回検定の団体受験に関する特別対応を決めた。

 第2回検定では、団体内で実施する準会場の試験日を1日追加。準会場一次試験の日程として、すでに公表している全団体10月3日・11日、中学・高校のみ10月2日に加え、10月10日を追加日程に設定し、団体の都合に応じた日程変更を可能とする。

 2020年度第1回英検から英検協会が面接委員および立会人を団体に派遣し、団体が運営する会場で二次試験が受験できる「二次試験準会場」を実施しているが、第2回検定ではA日程(11月8日)、B日程(11月15日)にC日程(11月29日)を加えた3つの日程から選択できるようにする。二次試験準会場の対象受験級は、2級・準2級・3級。団体本会場申込の1級・準1級受験者は、本会場受験となる。

 また、本会場二次試験は、英検協会が指定したA日程またはB日程での受験となるが、新型コロナウイルス感染症に伴う行事変更などで指定した日程での受験が困難な団体は、A日程からB日程、またはB日程からA日程への変更を受け付ける。

 英検協会では、第2回検定の団体受験に関する特別対応について、特設サイトを開設。詳細情報を記載するとともに、特別対応での実施を希望する団体から9月10日まで申請を受け付けている。特別対応に関しては、通常の申込手続きに加え、特設サイト申請フォームからの申請手続きが必要になる。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top