教育業界ニュース

平等な社会実現を提案「第7回すららアクティブ・ラーニング」

 すららネットは2021年5月7日から8月21日まで、ICTの活用により学年・地域の垣根を越えて全国の参加者が社会課題解決に向け学び合うイベント「第7回すららアクティブ・ラーニング」を開催する。対象はすららで学習中の全国の小・中・高校生。参加無料。

イベント 学習者
第7回 すららアクティブ・ラーニング
  • 第7回 すららアクティブ・ラーニング
  • すららアクティブ・ラーニング
 すららネットは2021年5月7日から8月21日まで、ICTの活用により学年・地域の垣根を越えて全国の参加者が社会課題解決に向け学び合うイベント「第7回すららアクティブ・ラーニング」を開催する。対象はすららで学習中の全国の小・中・高校生。参加無料。

 「すららアクティブ・ラーニング」は、すららネットが2015年度より毎年開催している協働学習イベント。参加者たちがICTを活用し学年・地域に関係なく社会課題解決に向けて議論し、答えのない問題に創意工夫しながら立ち向かい考える力を育むことを目指す。

 参加対象は、日本国内・海外の「すらら」導入校の小・中・高校の児童生徒。ICTの利用によって学校や塾の垣根を越え、他者と刺激し合いながら協働学習を深め、主体的に社会課題解決について考えてアクションを提案するリーダーシップを育む。互いの意見の違いを認め合いながら、それぞれの主張を発信し合い議論を進めることで、ネットコミュニケーションリテラシーを身に付けることもできる。

 7回目の開催となる今回のテーマは「平等な社会を実現するために、わたしたちにできることを提案しよう!」。話題にのぼることの増えた「ジェンダー」に加え、年齢、障がいの有無、人種や民族、居住地域、経済状態等さまざまな不平等や格差があることに気付き、どうすればよいのかを共に考える。難しいテーマだが、適宜ヒントやレクチャーをはさみながら、「すらら」ならではの「わかりやすい」「たのしい」仕掛けで専門的な知識がなくても自然と興味を持って取り組めるイベントを企画しているという。

 参加者は、Web上で毎週出題される質問に回答し議論を深める、オンラインワークショップで全国の参加者と交流する、学校・塾でチームを作りレポートを作成する、という3段階のアクティビティを通じ、順を追ってテーマの本質に迫る思考やディスカッションを深め、チームを組んでレポートを完成させる。レポートで選抜されたチームは、最終プレゼンテーション大会(オンライン開催予定)に進出し、最終順位の決定に臨む。

 参加無料。申込みについては、すららアクティブ・ラーニングWebサイトより問い合わせること。

◆第7回すららアクティブ・ラーニング
期間:2021年5月7日(金)~8月21日(土)
参加費:無料
参加対象:「すらら」で学習中の小学生~高校生
【スケジュール詳細】
(1)2021年5月7日(金)~6月3日(木):専用SNS(すららチャットマップ)で質問に回答・書き込みしながら意見交換
(2)2021年6月12日(土):オンラインワークショップで全国の参加者と交流
(3)2021年6月13日(日)~7月9日(金):学校・塾でチームを作り、レポートを作成
(4)2021年8月21日(土):最終プレゼンテーション大会(オンライン開催予定)
表彰:最優秀チーム・優秀チーム・特別賞 他
※(1)(2)は個人参加、(3)(4)は3人1組のチーム参加
※副賞あり
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top