教育業界ニュース

オンライン教材配信システム「StudyPot」先行おためし版公開

 小学校の教材・教具などを発行する日本標準は、GIGAスクール構想に対応したオンライン教材配信システム「StudyPot」を開発。2021年4月1日より正式版を、3月1日より先行おためし版のサービス提供を開始する。

教材・サービス 授業
国語テスト
  • 国語テスト
  • くりかえしドリル (c) ガチャムク
  • 算数形成プリント
  • 計算スキル (c) ガチャムク
 小学校の教材・教具などを発行する日本標準は、GIGAスクール構想に対応したオンライン教材配信システム「StudyPot」を開発。2021年4月1日より正式版を、3月1日より先行おためし版のサービス提供を開始する。

 政府が推進するGIGAスクール構想によるパソコン・タブレット1人1台環境下での新たな学校教育が4月にスタートする。日本標準は、教育改革が進む現場で多忙を極める教員の負担を軽減するべく独自の調査・研究を実施。現在自社で発行している学校教材を端末に配信、閲覧可能にすることで、教材紙面とタブレットなどを併用した学習の提案、オンライン授業や児童1人1人に寄り添った学習支援ができることから、オンラインで教材が配信できる新クラウドシステム「StudyPot」を開発した。

 「StudyPot」は、日本標準の紙面教材を採択すると無料で使用可能になるクラウドシステム。紙面教材と連動し、学習プリントの配信(ダウンロード、印刷)と学校教材紙面の閲覧が可能になり、教材紙面からアプリにスムーズに遷移することで効果的な学習をサポートする。システムには全国の小学校の専用サイトが開設されているため、登録不要ですぐに使用可能。個人情報の取扱いもないため、安全に使用できる。

 「StudyPot」で利用できるコンテンツは、国語、算数、理科、社会のプリント集のほか、「くりかえし漢字ドリル」「くりかえし計算ドリル」の紙面データ(一部)、「国語形成プリント」「算数形成プリント」のルビ付き版紙面データ(一部)。正式版は2021年4月1日から、先行おためし版は3月1日にサービス提供を開始する。

 GIGAスクール構想3OSに対応しており、推奨ブラウザはパソコンの場合、Google Chrome最新版、Microsoft Edge最新版、Firefox最新版。タブレット・スマートフォンの場合、Safari最新版(iPad、iPhone)、Google Chrome最新版となっている。サービスの詳細や利用に関する問合せはWebサイトで確認できる。

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top