教育業界ニュース

文科省、1人1台端末の活用事例サイト「StuDX Style」開設

 文部科学省は2020年12月23日、GIGAスクール構想の実現による児童生徒1人1台端末の活用事例などの情報発信サイト「StuDX Style」を開設した。活用推進に向けて「GIGA StuDX推進チーム」を設置し、全国の教育委員会・学校に対する支援活動を展開する。

事例 ICT活用
「StuDX Style」について
  • 「StuDX Style」について
  • 「GIGA StuDX推進チーム」の体制について
  • 「1人1台端末・高速通信環境」を活かした学びの変容イメージ
 文部科学省は2020年12月23日、GIGAスクール構想の実現による児童生徒1人1台端末の活用事例などの情報発信サイト「StuDX Style」を開設した。活用推進に向けて「GIGA StuDX推進チーム」を設置し、全国の教育委員会・学校に対する支援活動を展開する。

 文部科学省は、多様な子どもたちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化され、創造性を育む学びを実現するため、すべての児童生徒の「1人1台端末」等のICT環境を整備する「GIGAスクール構想の実現」を進めている。具体的には、高速大容量の通信ネットワークを前提とした、端末1台あたり4.5万円の補助金を交付する。当初は2023年の達成を目標にしていたが、新型コロナウイルス感染拡大による休校措置を受けて計画を前倒し、2021年3月末までに進めることになった。

 StuDX Styleは、児童生徒1人1台端末の利活用を推進するためのWebサイト。全国の教育委員会・学校に向けて、「すぐにでも」「どの教科でも」「誰でも」活かせる1人1台端末の活用方法に関する優良事例や本格始動に向けた対応事例などの情報発信・共有を随時行っていく。

 StuDX Styleに掲載される事例は、初等中等教育局内に設置された「GIGA StuDX推進チーム」において、先進的にGIGAスクール構想で整備された環境を活用している事例を収集し、全国の各設置者・学校が参考にできるような優良活用事例として整理・編集したもの。

 現在は、「1人1台端末・高速通信環境」を活かした学びの変容イメージで示される「ステップ1」の事例を中心に掲載。今後は、ステップ2「教科の学びを深める」活用や、ステップ3「教科の学びをつなぐ」活用についても情報を更新していく予定という。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top