教育業界ニュース

GIGAスクール構想支える「ICT支援員」Web講習会1/17まで

 ICT支援員普及促進協会は、GIGAスクール構想を支えるICT支援員の講習会を2020年11月9日~2021年1月17日までオンラインにて開講する。講習会を受講し確認テストを終了すると、自治体のICT支援員募集条件の「ICT支援員Web講習会ブロンズコース修了証」が発行される。

教育行政 その他
ICT支援員Web講習会
  • ICT支援員Web講習会
  • IICT支援員Web講習会受講申込から受講修了までの流れ
  • ICT支援員Web講習会受講申込から受講修了までの流れ
  • ICT支援員Web講習会受講申込から受講修了までの流れ
  • ICT支援員Web講習会受講申込から受講修了までの流れ
 ICT支援員普及促進協会は、GIGAスクール構想を支えるICT支援員の講習会を2020年11月9日~2021年1月17日までオンラインにて開講する。講習会を受講し確認テストを終了すると、自治体のICT支援員募集条件の「ICT支援員Web講習会ブロンズコース修了証」が発行される。

 政府が掲げるGIGAスクール構想では、すべての小中学生に1人1台の端末整備とネットワーク環境の整備が掲げられ、これに伴い、整備された環境の活用を支えるためのICT支援員が必要とされている。2017年に文部科学省が公表した「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018年~2022年)」では、ICT支援員を4校に1人配置する目標(約8,000人)が掲げられているが、現在はICT支援員として活躍できる人材は、全国でも2,000人~3,000人程度しかいないとされており、人材の育成が急務となっている。

 ICT支援員普及促進協会は、企業、自治体双方に働きかけつつ、ICT支援員のなり手環境の改善、支援員の育成のほか、幅広く相談窓口となることで、学校のICTの促進をサポートし、よりよい教育環境の実現を目指している。おもな業務としてICT支援員認定講習の修了証の発行、ICT支援員配置のためのコーディネートおよびコンサルティング、ICT支援員の労務相談など。

 今回開催する講習会は、ブロンズコース「Season2」で、期間中は自由に受講できる。対象は、GIGAスクールサポーターやICT支援員に今後応募し、学校で業務を行うことを希望する人。そのほか、GIGAスクールサポーター、ICT支援員を派遣しようとする企業・団体、もしくはすでに派遣している企業・団体の社員、教育委員会、自治体、学校の教職員など。

 研修のおもな履修項目は、1時間目が「ICT支援員の役割、および確認テスト」、2時間目は「学校内のICT環境、および確認テスト」、3時間目は「ICT支援員が意識すべきこと、および確認テスト」。さらに、総合確認テストを実施する。講習修了は、修了証(ブロンズコース)を発行し、協会のブロンズ会員として登録される。

 受講料は、6,200円(受講料 2,200円+会員年間会費 4,000円)。申込みはWebサイトから行う。Webサイトでは受講申し込みから受講、修了までの流れを紹介している。講習期間は11月9日~2021年1月17日午後11時59分まで。
《田中志実》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top