教育業界ニュース

課外ライブ授業など、公立校教諭のICT活用…iTeachers TV

 iTeachers TVは2020年10月28日、千葉県立市川工業高等学校の菅原唯先生による教育ICT実践プレゼンテーション「つながり×0→1のICT授業」を公開した。前編では休校期間中、後編では休校期間後のICT活用の実践について話す。

事例 ICT活用
iTeachers TV「つながり×0→1のICT授業」
  • iTeachers TV「つながり×0→1のICT授業」
  • 菅原唯先生「つながり×0→1のICT授業」前編
  • 菅原唯先生「つながり×0→1のICT授業」後編
  • iTeachers
 iTeachers TVは2020年10月28日、千葉県立市川工業高等学校の菅原唯先生による教育ICT実践プレゼンテーション「つながり×0→1のICT授業」を公開した。前編では休校期間中、後編では休校期間後のICT活用の実践について話す。

 iTeachers TVは、教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム「iTeachers」による教育ICT情報番組。先生や生徒、教育関係者をゲストに招き、ICTを活用した「新しい学び」の実践や取組みをプレゼンテーション形式で紹介する。

 今回のゲストは、千葉県立市川工業高等学校の菅原唯先生。「つながり×0→1のICT授業」と題して、10月21日に前編(Vol.248)、10月28日に後編(Vol.249)を公開した。

 菅原先生の担当教科は理科。千葉県の理科の大会審査などに携わり、教科研究員として研究を行う。千葉県立市川工業高等学校では、ICT活用や国際理解、英語のSTEAM授業に取り組んでいる。

 前編では、休校期間が始まった際、オンライン未経験で一歩が踏み出せずにいた自身の正直な気持ちにも触れながら、生徒の声をきっかけにICT活用に挑戦する経緯を紹介。YouTubeを使った動画配信、Google Meetを活用したザンビアとのライブストリーミング授業のようすなどを伝える。

 後編では、休校期間明けから続けているICT活用の実践として、「Chromebookの活用」「PC室でのオンライン講義」「課外ライブ授業」をあげ、生徒の評価をもとに課題や留意点なども説明。外部人材の活用など、ICT授業の利点や可能性についても語る。

 番組後半には「教育ICTなんでも3ミニッツ」コーナーを収録。前編では聖徳学園中学・高等学校の品田健先生による「iOS14 AirPodsProと背面タップ」、後編では情報通信総合研究所の平井聡一郎先生による「micro:bit+赤ボードで可能性無限!」を紹介する。

 番組は、すべてiTeachersのYouTubeチャンネルで視聴できる。毎週水曜日の夜に「iTeachersTV~教育ICTの実践者たち~」シリーズの新作を公開している。これまでに249回の番組を配信しており、過去の番組も視聴できる。

◆iTeachers TV【Vol.248】千葉県立市川工業高等学校の菅原唯先生
「つながり×0→1のICT授業」前編


◆iTeachers TV【Vol.249】千葉県立市川工業高等学校の菅原唯先生
「つながり×0→1のICT授業」後編
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top