教育業界ニュース

教育用コンピューター1台あたり平均4.9人…文科省調査

 文部科学省は2020年8月28日、学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果として、3月1日時点の速報値を発表した。教育用コンピューター1台あたり児童生徒数は平均4.9人。最高は佐賀県の1.8人、最低は埼玉県・愛知県・千葉県の6.6人であった。

教育行政 文部科学省
教育用コンピューター1台あたりの児童生徒数(都道府県別)
  • 教育用コンピューター1台あたりの児童生徒数(都道府県別)
  • 教育用コンピューター1台あたりの児童生徒数
  • 普通教室の無線LAN整備率、インターネット接続率
  • 普通教室の無線LAN整備率(都道府県別)
  • インターネット接続率(30Mbps以上、都道府県別)
  • 普通教室の大型提示装置整備率、教員の校務用コンピューター整備率
  • 普通教室の大型提示装置整備率(都道府県別)
  • 教員の校務用コンピューター整備率(都道府県別)
 文部科学省は2020年8月28日、学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果として、3月1日時点の速報値を発表した。教育用コンピューター1台あたり児童生徒数は平均4.9人。最高は佐賀県の1.8人、最低は埼玉県・愛知県・千葉県の6.6人であった。

 2019年度(令和元年度)学校における教育の情報化の実態等に関する調査は、全国の公立学校(小学校、中学校、義務教育学校、高校、中等教育学校、特別支援学校)のICT環境の整備状況、全国の公立学校の授業を担当している全教員のICT活用指導力を調べたもの。調査基準日は2020年3月1日。

 教育用コンピューター1台あたり児童生徒数は平均4.9人。児童生徒数1,158万7,653人(前年度比8万5,991人減)に対し、教育用コンピューター台数236万550台(同19万700台増)で、前年度の5.4人から向上した。都道府県別では、「佐賀県」1.8人、「熊本県」「大分県」3.2人、「高知県」3.4人などが高く、「東京都」は4.7人。「埼玉県」「愛知県」「千葉県」が最低の6.6人だった。

 このほかの学校のICT環境の整備状況では、普通教室の無線LAN整備率が48.3%(同7.3ポイント増)、インターネット接続率(30Mbps以上)が96.3%(同2.4ポイント増)、普通教室の大型提示装置整備率が59.2%(同7.0ポイント増)、教員の校務用コンピューター整備率が122.7%(同2.2ポイント増)、統合型校務支援システム整備率が64.3%(同6.8ポイント増)、指導者用デジタル教科書整備率が56.4%(同3.8ポイント増)。いずれの項目も前年度から向上した。今回、新規で行われた学習者用デジタル教科書整備率は8.2%であった。

 都道府県別にみると、各項目の1位は、普通教室の無線LAN整備率が「徳島県」75.5%、インターネット接続率(30Mbps以上)が「富山県」「福井県」「滋賀県」「大阪府」「兵庫県」「大分県」100.0%、インターネット接続率(100Mbps以上)が「大阪府」96.0%、普通教室の大型提示装置整備率が「佐賀県」90.9%、教員の校務用コンピューター整備率が「高知県」150.8%、統合型校務支援システム整備率が「鳥取県」100%。

 教員のICT活用指導力では、教材研究・指導の準備・評価・校務などにICTを活用する能力が86.7%(同0.5ポイント増)、授業にICTを活用して指導する能力が69.8%(同0.1ポイント増)、児童生徒のICT活用を指導する能力が71.3%(同1.1ポイント増)、情報活用の基盤となる知識や態度について指導する能力が81.8%(同1.3ポイント増)であった。

 文部科学省では、各項目の都道府県別順位など、詳細結果も公表している。確定値については10月末までに公表予定としている。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top