教育業界ニュース

高校情報教育の充実へ、情報発信を強化…文科省

 文部科学省は2022年4月27日、2022年度(令和4年度)より開始された新高等学校学習指導要領の着実な実施にともなう情報教育の充実を目指すため、Webサイト内に特設ページを設置し、メールマガジンからの情報発信を強化していくことを発表した。

教育行政 文部科学省
文部科学省Webサイト「高等学校情報科に関する特設ページ」
  • 文部科学省Webサイト「高等学校情報科に関する特設ページ」
  • 文部科学省Webサイト「高等学校情報科に関する特設ページ」
 文部科学省は2022年4月27日、2022年度(令和4年度)より開始された新高等学校学習指導要領の着実な実施にともなう情報教育の充実を目指すため、Webサイト内に特設ページを設置し、メールマガジンからの情報発信を強化していくことを発表した。

 新高等学校学習指導要領に基づき、2022年度(令和4年度)より指導内容をより充実させた共通必履修科目「情報I」が開始された。しかし一方で、2020年度(令和2年度)に文部科学省が実施した調査においては、高等学校教諭普通免許状「情報」を保有しているものの高等学校情報科を担当していない教員も多く存在していたり、臨時免許状(情報)の授与を受けたり、免許外教科担任の許可を受けたりしたうえで情報科を担当している教員が多く存在している状況が確認されている。

 このような状況の中、文部科学省では2021年(令和3年)には高等学校教諭普通免許状「情報」保有者の計画的な採用の実施や配置の工夫や、現職教員の同免許状取得の促進、また高等学校情報科における外部人材の活用促進や、遠隔授業をはじめとする複数校指導についても、資料等を作成して周知してきた。

 そして今回、高等学校情報科に関する情報を一元化し、さらに充実させるために、文部科学省Webサイト内の「高等学校情報科に関する特設ページ」を大幅にリニューアル。「授業・研修用コンテンツ」や「生徒用コンテンツ」等に動画を追加する等、より充実させた。さらに2022年度は、文部科学省のメールマガジン「GIGA StuDX メールマガジン」において、高等学校における1人1台端末の活用や高等学校情報科に関する発信を強化していく。メールマガジンは、文部科学省Webサイトより登録できる。
《木村 薫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top