教育業界ニュース

「リクルートEd-tech総研」設立…実態や新たな学びを調査・研究

 リクルートは、ICT利活用の実態や新たな学びの可能性について調査、研究することを目的とした「リクルートEd-tech総研」を設立した。本格始動とともにWebサイトも立ち上げた。

教材・サービス その他
リクルートEd-tech総研
  • リクルートEd-tech総研
  • bridge
  • リクルートEd-tech総研
 リクルートは、ICT利活用の実態や新たな学びの可能性について調査、研究することを目的とした「リクルートEd-tech総研」を設立した。本格始動とともにWebサイトも立ち上げた。

 リクルートEd-tech総研は2021年より、児童生徒1人1台の端末をはじめとする、学習環境に関する取組実態や「個別最適な学び」「協働的な学び」におけるスタディ・ログの利活用等、これからの時代の新しい学びの可能性について調査、研究することを目的として設立。学びのDXへ向けた調査、研究、情報発信を行うことで、自治体、教育委員会、学校現場を支援する。

 おもな活動内容は、GIGAスクール構想の推進状況、学校現場におけるICTの利活用といった、授業実践や学習支援等に関する情報発信、学習者の視点に立った「これからの学びの在り方」についての考察、調査、研究、マーケットの活性化、発展、創造につながる各種研究調査、活動等。

 おもな発信コンテンツは、Webサイト内の「bridge」「調査・レポート」。「bridge」では、「ICTで学びをつなぐ」をコンセプトに「自治体・教育委員会と学校現場」「学校教育と家庭教育」「児童・生徒の今と未来」を通信レポートとして紹介。「調査・レポート」では、スタディ・ログから見える学びの実態や可能性について、リクルート独自の視点から考察、レポートしている。
《高垣愛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top