教育業界ニュース

学研の中学校副読本、デジタル版提供開始

 学研教育みらいは2022年4月より、中学校保健体育副読本「中学体育実技」と「中学保健体育の学習」のデジタル版をデジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」で提供開始する。

教材・サービス 授業
2022年度は、「中学体育実技」(体育実技副読本)と「中学保健体育の学習(1年、2年)」(ノート教材)のデジタル版を提供。
  • 2022年度は、「中学体育実技」(体育実技副読本)と「中学保健体育の学習(1年、2年)」(ノート教材)のデジタル版を提供。
 学研教育みらいは2022年4月より、中学校保健体育副読本「中学体育実技」と「中学保健体育の学習」のデジタル版をデジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」で提供開始する。

 長年、中学校で活用されている保健体育副読本「中学体育実技」は、ゲームや練習方法が豊富で、技能のポイントをわかりやすく解説する「主体的・対話的で深い学び」をサポートする学習教材。学研の教科書「中学保健体育」に準拠する「中学保健体育の学習」は、教科書の課題に対応し、要点の整理、学習の振り返り、まとめ問題、今日的な課題を取り上げたテーマ学習等、保健体育の学習に最適なノート教材で、体育実技のまとめ問題も充実している。

 今回、デジタルとアナログの理想的な融合を目指して開発されたデジタル教材プラットフォーム「Libry」で提供することにより、約500本の動画を紙面からダイレクトに視聴できる他、リブリーで学習した学習履歴データを蓄積し、紙面では実現できなかった生徒の学習履歴を可視化する。また、先生用ツール「Libry for Teacher」を使用して、先生が作成したオリジナル問題等の課題を配信し、回収・管理ができる。カスタマーサポート体制も充実し、サービス導入後から運用開始、その後の活用まで支援する。

 価格は、「中学体育実技」1人1アカウント800円(税込)、「中学保健体育の学習(1年、2年)」は1人1アカウント480円(税込)。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top