教育業界ニュース

リブリー、第一学習社の学習者用デジタル教科書を提供

 Libry(リブリー)は2021年4月22日、第一学習社の発行する高校「理科・数学」学習者用デジタル教科書を2022年4月に提供開始すると発表した。これまで以上に教育現場のニーズに応えていくという。

教材・サービス 授業
第一学習社の「学習者用デジタル教科書」プラットフォームに採用決定
  • 第一学習社の「学習者用デジタル教科書」プラットフォームに採用決定
  • 生きる力を育む「3つの柱」すべてに対応
  • Libryの機能
 Libry(リブリー)は2021年4月22日、第一学習社の発行する高校「理科・数学」学習者用デジタル教科書を2022年4月に提供開始すると発表した。これまで以上に教育現場のニーズに応えていくという。

 学習者用デジタル教科書は、紙の教科書の紙面を内容やレイアウトを変えずにデジタル化し、デジタルならではの機能を付けたもの。学校教育におけるICT活用がさらに進む中で、ICTを活用した学びの出発点として「学習者用デジタル教科書」の普及が見込まれている。

 リブリーは、学習者用デジタル教科書とAIドリルの特性をあわせもつデジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」を提供。全国約500の中学・高校に導入されている。学習履歴に基づいた個別最適化学習ができるAIドリル機能により、生徒ひとりひとりの学習状況や理解度にあわせた学びをサポートする。また、リブリー導入校へ無償で提供している先生用管理ツールは、「宿題配信や回収、集計」等の機能により校務を効率化し、「先生たちの働き方改革」のニーズにも応えてきた。

 2022年春より第一学習社の高校生向け「理科・数学」の学習者用デジタル教科書をリブリーで利用できるようになる。今回、第一学習社のデジタル教科書プラットフォームとして「リブリー」が採用されたことで、文部科学省が推進するGIGAスクール構想、学習者用デジタル教科書普及促進等の教育現場におけるICT導入・活用の一助となること目指すとしている。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top