教育業界ニュース

誰もが先生に…多様な教育を提供「UrSTUDX」

 教育図書⼆⼗⼀は、個⼈、法⼈問わず、誰でも先⽣になることができ、学習者に必要なスキルを学べる機会を提供する教育プラットフォーム「UrSTUDX(ユアスタディクス)」の事前登録受付を、2022年2月1日より開始した。

教材・サービス その他
教育プラットフォーム「UrSTUDX(ユアスタディクス)」
  • 教育プラットフォーム「UrSTUDX(ユアスタディクス)」
  • 教育プラットフォーム「UrSTUDX(ユアスタディクス)」
  • 教育プラットフォーム「UrSTUDX(ユアスタディクス)」
 教育図書⼆⼗⼀は、個人、法人問わず、誰でも先⽣になることができ、学習者に必要なスキルを学べる機会を提供する教育プラットフォーム「UrSTUDX(ユアスタディクス)」の事前登録受付を、2022年2月1日より開始した。

 これまでの日本の教育は受験勉強が重視され、受験のために英単語を覚える、歴史の登場人物や出来事の年号を覚えるといった、いわゆる認知的な学力を育てることに重きを置かれていた。しかし、これからの時代には、認知能力の他にコミュニケーション力、批判的思考能力、コラボレーション、創造力等といった非認知能力が必要となり、教育にも取り入れようという動きになってきている。

 そこで、学習者たちがオンライン上でも、受験に必要な知識だけでなく、ディスカッションを通じたコミュニケーション力や思考力を身に付けると同時に、先生側が自分の持っているスキルを生かせる機会を創ることで、日本の教育を変えていきたい、との思いで「UrSTUDX」が開発された。

 「UrSTUDX」は、誰でも「先生」になることができ、「学習者」がそのクラスにライブ配信で参加し、その場で学習者が先生に質問し、先生が答えることができる他、学習者同士でディスカッションを行う等、オンライン上でリアルタイムにクラス(授業)をすることができる「教育プラットフォーム」となっている。先生はライブ配信したクラスをアーカイブコンテンツとして「UrSTUDX」で提供することができ、学習者はライブ配信に時間が合わない場合も当該クラスに参加することができる。

 授業は国語や算数・数学、英語といった受験科目から、絵画や写真等の芸術、SDGsとは・環境問題等の現代社会や、弁護士とは・医師とは、といった仕事について等を想定している。学習者対象は幼稚園生~大学生。

 「UrSTUDX」を通じて、教育者のみならず、さまざまなスキルや知識をもつ人に対して「自分の持っているスキルや知識をアウトプットし、教育に貢献する機会および収益を得られる機会」、学習者に対して「学校教育、また学校教育以外に、社会で生きていく中で必要なスキルを学ぶ機会」が提供されることとなる。

 サービス開始は2022年5月~6月(予定)。それに先がけて2月1日より事前登録の受付を開始した。料金は授業ごとの都度払い制。1回から体験ができるため、都合の良い時間帯、頻度での受講が可能。事前登録をした先生には、配信時の手数料を割引くキャンペーンも用意されている。
《木村 薫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top