教育業界ニュース

スプリンギンを使った「プログラミング出前授業」希望校募集

 しくみデザインは2021年11月17日、全国の幼稚園から高校、学習塾等を対象とした無料のオンライン「プログラミング出前授業」の募集を開始した。応募受付は12月24日午後6時まで。しくみデザインが提供する「スプリンギン」を使用したオンライン授業の実施希望校を募る。

教材・サービス 授業
「プログラミング出前授業」開始
  • 「プログラミング出前授業」開始
  • Springin’
 しくみデザインは2021年11月17日、全国の幼稚園から高校、学習塾等を対象とした無料のオンライン「プログラミング出前授業」の募集を開始した。応募受付は12月24日午後6時まで。しくみデザインが開発・提供する「Springin’(スプリンギン)」を使用したオンライン授業の実施希望校を募る。

 小学校でのプログラミング教育必修化や、GIGAスクール構想の実現によって多くの教育現場でプログラミング教育の推進が行われる一方、プログラミング授業ができる指導者不足、各学年によって難易度を調節できるプログラミング教材不足といった問題点から、プログラミング授業の推進が進んでいない学校も多くあるのが現状だという。

 しくみデザインでは、プログラミング教育の大きな課題の1つである“教える側”の課題を解決し、プログラミング知識ゼロでも子供たちに“創る楽しさ”を伝えられる環境づくりの一環として「プログラミング出前授業」を全国の学校・塾・教室を対象に実施する。

 「プログラミング出前授業」では、しくみデザインが開発する創造的プログラミングアプリ「スプリンギン」を活用。「スプリンギン」は、文字を使わない直感的なビジュアルプログラミングで、自分で描いた絵に音や動きをつけてゲームや絵本、楽器等のデジタル作品を5歳から簡単に作ることができる。2020年度に文部科学省、総務省および経済産業省による小学校プログラミング教育の充実を図る取組み「みらプロ2020」に採択されたのを機に、11月10日時点で累計ダウンロード数は83万4,000件を超える。

 授業の中では「スプリンギン」を使ってSTEAM・プログラミング教育を行うことができる学校・塾・教室の指導者向け授業支援サービス「Springin’ Classroom(スプリンギン・クラスルーム)」の教材を活用して実践。指導者の負担が少ない点やプログラミング授業の敷居の低さも体感してもらうねらい。

 出前授業の実施期間は12月1日から2022年2月28日まで。応募はスプリンギンのWebサイトにて受け付ける。対応OSはiOSに限るため、Android端末を使用している場合は個別に問合せが必要。参加条件等、詳細もWebサイトで確認できる。

◆スプリンギン・クラスルーム「プログラミング出前授業」
受付期間:2021年11月17日(水)~12月24日(金)18:00
出前授業実施期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
対象機関:幼稚園・小学校・中学校・高等学校(特別支援含む)、学習塾・プログラミング教室、各種教室
対象学年:幼稚園年中~高校3年生
申込上限:1クラス/10人~40人程度
※1事業者から1クラス申込可能
実施方法:Zoomを使用したオンライン開催
対応端末:iOS端末
※Android端末利用の場合は、個別に問い合わせること
対応OS:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、iPod touch
参加条件:
・スプリンギンをインストール可能なiPadを生徒1人につき1台使用できる環境
・授業中、配信画面を大型スクリーンまたはモニターで表示できる環境
・安定したインターネット環境が整っていること(事前接続チェックを実施)
・教員が教室内で常にサポート可能なこと
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top