教育業界ニュース

iPad40台×ロイロノート・スクール無料貸出し…後期公募9/30締切

 LoiLoは2021年9月1日、2021年度後期のiPad無料貸出しの公募を開始した。1人1台環境を目指すすべての教育機関を対象に、1校につき40台のiPadと授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を無料で貸し出す。応募期間は9月30日まで。貸出期間は10月下旬から2022年3月20日。

教材・サービス 授業
【公募】2021年度 <後期> iPad40台×ロイロノート・スクール無料貸出し
  • 【公募】2021年度 <後期> iPad40台×ロイロノート・スクール無料貸出し
  • ロイロノート・スクール
 LoiLoは2021年9月1日、2021年度後期のiPad無料貸出しの公募を開始した。1人1台環境を目指すすべての教育機関を対象に、1校につき40台のiPadと授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を無料で貸し出す。応募期間は9月30日まで。貸出期間は10月下旬から2022年3月20日。

 教育1人1台時代の学びを支援するLoiLoは、全国の学校・自治体を対象としたiPadの無料貸出しを半期に1度行っている。今回、2021年度後期の応募受付を9月1日より開始。1人1台環境での学びを支えるために欠かせない授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」をインストールしたiPadを用意し、iPad貸出料金、通信費、クラウド利用料、送料等すべて無料で貸し出す。ロイロノート・スクールの機能もすべて利用可能。

 これまで無料貸出しを利用した学校からは「教員と生徒のやりとりがとてもスムーズになった」「思考ツール(シンキングツール)で思考力が育成できた」「授業内で教員と生徒・生徒同士のインタラクションが増えた」「授業中の生徒たちの表情が格段に明るくなった」等の声が寄せられている。また、利用した生徒からは「授業の主体が自分たちにあることが感じられて楽しい」といった声が寄せられ、多くの学校で導入による変化やメリットを感じているようだ。

 貸出期間は10月下旬から2022年3月20日。貸出台数は1校につき40台で、貸出条件として期間内に一度、授業の実践報告書の提出が必要。受領時・返却時の送料等もすべてLoiLoが負担し、iPad保護ケースと充電器もあわせて貸し出す。応募は1校につき1回、Webサイトで9月30日まで受け付ける。先着順ではなく結果は10月中旬に通知する。

 なお、LoiLoでは、全国の自治体や公立高校を対象に端末の貸出しなしで1年間無料でロイロノート・スクールが利用できる「とりあえずロイロ」キャンペーンも展開している。詳細はWebサイトで確認できる。

◆2021年度後期 iPad無料貸出し
貸出期間:2021年10月下旬~2022年3月20日(日)
対象:1人1台環境を目指すすべての教育機関
条件:貸出期間内に一度、授業の実践報告書を提出
台数:1校につき40台
内容:iPad40台、iPad保護ケース、充電器(ロイロノート・スクールは端末にインストール済、全機能無料で利用可)
応募方法:Webサイトの応募フォームから申し込む
応募締切:2021年9月30日(木)
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top