教育業界ニュース

ソニー音楽財団、コロナ禍の若手演奏家への特別支援プロジェクト

 ソニー音楽財団は、新型コロナウイルスの影響により表現の機会を失い深刻なダメージを負い続ける若手演奏家と、音楽に触れる機会を失った子供たちを支援する「ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト2021-2022」を実施する。

イベント 学習者
ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト2021-2022
  • ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト2021-2022
  • ソニー音楽財団
 ソニー音楽財団は、新型コロナウイルスの影響により表現の機会を失い深刻なダメージを負い続ける若手演奏家と、音楽に触れる機会を失った子供たちを支援する「ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト2021-2022」を実施する。

 「ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト2021-2022」は、2020年に支援が行われた「ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト」を継続・発展させたもの。プロジェクトに係る費用は、ソニーグループが2020年4月に設立した「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」から拠出される。

 若手演奏家支援として、子供向けクラシック音楽動画の「アイデア」もしくは「完成作品」を募集する。アイデアの募集では、若手演奏家から子供向け動画にふさわしい企画のアイデアを募集・審査。採用されたアイデアをもとに、ソニー音楽財団と共同で制作する。採用者には20万円の懸賞金が支払われ、ソニー音楽財団の公式YouTubeチャンネル「こどものためのクラシック」で無料公開される。

 完成作品の募集では、すでに完成された動画作品を募集・審査し、採用者には50万円の懸賞金が支払われる。採用作品はソニー音楽財団の公式YouTubeチャンネルで無料公開される。さらに、人気投票による上位3作品には追加で30万円の賞金が支払われる。

 音楽に触れる機会を失った子供たちへの支援として、ソニー音楽財団は35年以上にわたり子供たちにクラシック音楽を届けてきたノウハウを生かし、子供たちがさまざまな角度からクラシック音楽に親しむことのできる動画コンテンツを制作する。制作した動画コンテンツはソニー音楽財団の公式YouTubeチャンネルで無料公開される。「楽器紹介動画」や「楽器解体動画」の他、クラシック音楽を楽しく学べる動画等、バラエティに富んだコンテンツを制作・公開する予定だという。

 支援総額は4,500万円。募集要項や募集時期等の詳細は、随時Webサイトに掲載される。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top