教育業界ニュース

ヤマハ、学校教育向けのボーカロイド刷新…英語に対応

 ヤマハは2020年4月13日、「Smart Education System」の新商品として、「歌づくり」を通じた新しい学びの形を提供するデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を発売した。

教材・サービス 授業
ヤマハはデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を発売した
  • ヤマハはデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を発売した
  • 子どもたちの試行錯誤や対話を引き出し、主体的で深い学びを促進するアプリケーション設計
  • 子どもたちの試行錯誤や対話を引き出し、主体的で深い学びを促進するアプリケーション設計
  • 静岡県浜松市立北浜北小学校での「ボーカロイド教育版」を活用した授業のようす
 ヤマハは2020年4月13日、「Smart Education System」の新商品として、「歌づくり」を通じた新しい学びの形を提供するデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を発売した。

 Smart Education Systemは、小中学校をはじめとする学校教育現場を対象とした、ICTを活用した音楽教育ソリューション。デジタル音楽教材の販売だけでなく、楽器やネットワーク機器、クラウドサービスや人的サポートも含めた包括的なソリューションの提供を通じて、新しい時代の音楽教育をサポートする。

 新たに発売されたのは、歌声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」を学校の音楽授業でも使えるように改良された「ボーカロイド教育版」の新バージョン。思い浮かんだメロディーをブロックのように並べ、そこに歌詞を入力していくことで直感的に「歌づくり」ができる。子どもたちが意見を交換しながら作曲し、できた曲を歌って披露するまでをゴールにするなど、創造性にあふれた主体的かつ対話的で深い学びを提供する。

 2020年度より小中学校で英語の教育改革が行われることを踏まえて、「ボーカロイド教育版II for iPad」は創作においても英語を主体的に使用できるように英語の歌づくりにも対応している。また、要望が多かった打楽器音色も10種類追加し、小学校低学年向けのリズム遊びにも生かせるように改良。「歌づくり」だけでなく、一般的な音楽学習にも使えるデジタル音楽教材へと進化した。

 ライセンス方式で、価格は端末1台あたり年額版が6,000円、無期限版が2万円だが20個以上同時購入の場合は1個1万円(いずれも税込)。

 対応OSは、iOS 11.4以降、iPad OS 13以降。動作確認端末は、iPad(第5世代以降)、iPad Air、iPad mini(第4世代以降)、iPad Pro。



《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top