教育業界ニュース

クラウド教育支援システム「プランプラン」名古屋市と連携

 IEYASUは2021年4月21日、名古屋市教育委員会の「ナゴヤ・スクール・イノベーション事業」において、学びの実践研究プロジェクトに参画することを公表した。提供するクラウド教育支援システム「プランプラン」で、教職員の働き方改革と児童生徒の学びをサポートする。

教材・サービス 校務
プランプラン
  • プランプラン
  • 山吹小学校マッチングプロジェクト
 IEYASUは2021年4月21日、名古屋市教育委員会の「ナゴヤ・スクール・イノベーション事業」において、学びの実践研究プロジェクトに参画することを公表した。提供するクラウド教育支援システム「プランプラン」で、教職員の働き方改革と児童生徒の学びをサポートする。

 IEYASUは、クラウド型の勤怠管理システム「IEYASU」の開発・提供によって、全国の2万社を超える企業の人事労務をシステム化し、業務の効率化と従業員の負担軽減などあらゆる業種・業態における「働き方改革」に貢献してきた。そこで、これまでに培ってきた知識とノウハウを生かして、教職員の負担軽減を図るクラウド教育支援システム「プランプラン」を開発。児童生徒ひとりひとりのキャリア・パスポートを一元管理し、煩雑な紙でのやりとりをなくし、教職員の作業負荷を大幅に軽減する。さらに、子供たちが学んだことを振り返りながら、新たな学習や生活への意欲を促し、個別最適な学びをサポートするツールとして、先生と児童生徒と保護者という三者の円滑なコミュニケーションの実現にも貢献するという。

 IEYASUはこのたび、名古屋市における市立学校と民間事業者との連携による新しい学びの実践研究プロジェクトに参画することが決定した。6つのマッチングプロジェクトのうちの「山吹小学校マッチングプロジェクト」に、日本イエナプラン教育協会、フォーバル、ギガサポ、UDSとコンソーシアムを組んで参画する。プロジェクトでは、学習状況を把握するための「プランプラン 学習計画」を新規機能として追加するほか、子供たちの作品や写真等を管理できるポートフォリオ機能の開発も進めていく。プロジェクトは2022年3月31日まで。

 名古屋市教育委員会は、「『自らの可能性を最大限に伸ばし、人生をたくましく生きていく』なごやっ子を育成するため」として、子供ひとりひとりの興味・関心や能力、進度に応じた「個別最適化された学び」を推進する「ナゴヤ・スクール・イノベーション事業」に取り組んでいる。2021年度からは新たに、各校が目指す子供像の実現に向けた課題やニーズと、それに対応する専門知識やノウハウ、技術をもった民間事業者をマッチングさせる実践研究プロジェクト「マッチングプロジェクト」を開始している。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top