教育業界ニュース

遠隔教育の本格化など新たな学び検討…教育再生実行会議

 安倍内閣総理大臣は2020年7月20日、総理大臣官邸で第46回教育再生実行会議を開催した。遠隔教育の本格化や高等教育のグローバル化など、ポストコロナ期における新たな学びのあり方について検討していくという。

教育行政 その他
教育再生実行会議(2020年7月20日開催)
  • 教育再生実行会議(2020年7月20日開催)
  • 教育再生実行会議の構成員
  • 教育再生実行会議の今後の進め方について
  • 新たに検討するテーマについて
 安倍内閣総理大臣は2020年7月20日、総理大臣官邸で第46回教育再生実行会議を開催した。遠隔教育の本格化や高等教育のグローバル化など、ポストコロナ期における新たな学びのあり方について検討していくという。

 安倍総理は教育再生実行会議の挨拶で「新型コロナウイルス感染症の影響によって、子どもたちの学びに遅れが生じたり、地域や学校の間で格差が生じたりするようなことはあってはならず、感染症対策と子どもたちの健やかな学びを両立し、あらゆる手段を尽くして、子どもたちを誰一人取り残すことなく、その学びを保障していかなければならない」と述べた。遠隔教育の本格化や高等教育のグローバル化など、ポストコロナ期における新たな学びのあり方とともに、秋季入学など社会全体で取り組まなければならない事項についても検討していくという。

 教育再生実行会議は、新たに検討するテーマについて「初等中等教育ワーキング・グループ」と「高等教育ワーキング・グループ」の検討の枠組みを設ける。初等中等教育ワーキング・グループでは、ICTを活用した新たな学びのあり方や、ICT活用のための指導体制や環境整備のあり方などを検討していく。また、高等教育ワーキング・グループでは、対面とオンラインのハイブリッド教育のあり方や、学事暦・修業年限の多様化、高等教育の新たな国際展開などについて検討していく。秋季入学など教育分野に留まらず社会全体で検討が必要な事項は、必要に応じて合同ワーキング・グループで議論する。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top