教育業界ニュース

NTT西とコドモン「子ども施設向けICTソリューション」提供

 NTT西日本グループは2020年7月8日、コドモンとの協業により「子ども施設向けICTソリューション」の提供を開始したと発表した。公立保育園をはじめとする子ども施設でのICT化と働き方改革のサポートを図る。

教材・サービス 校務
子ども施設向けICTソリューション
  • 子ども施設向けICTソリューション
  • 導入先保育園
  • ICカードによる登降園時間の管理
  • 保育士の利用場面
 NTT西日本グループは2020年7月8日、コドモンとの協業により「子ども施設向けICTソリューション」の提供を開始したと発表した。公立保育園をはじめとする子ども施設でのICT化と働き方改革のサポートを図る。

 これまで、保育施設へのICT導入に対する補助金の対象は私立園のみだったが、2019年度補正予算より公立園も対象として拡張され、私立園に続き公立園でもICT導入が進んでいる。

 NTT西日本グループはこのたび、ICT支援ツール「CoDMON(コドモン)」を提供するコドモンとの協業に至った。NTT西日本グループは、「CoDMON」を利用するためのネットワーク環境の構築のほか、ネットワーク環境および「CoDMON」に関するトラブルや問合せに対応する保守窓口を設けている。

 「子ども施設向けICTソリューション」の利用シーンは、「保護者とのコミュニケーション」「登校園管理・保育料計算」「日誌や指導案などの帳票作成」などがある。これらにより、保護者と職員双方の連絡稼働や事務作業稼働の削減につながる。

 近頃では、新型コロナウイルス感染症対策として、保護者が子どもの「検温」や「体調」を施設に事前連絡することにより、預かり時の検温実施と結果記入の稼働削減や、玄関での保護者の接触や密集を避けるといった効果も期待できる。また、一斉連絡や出欠アンケートを実施できるため、緊急時の即時連絡が可能となり、印刷や集計の稼働削減につながる。

 導入事例として、静岡県御殿場市(市立保育園・幼稚園・認定こども園16園)の子ども施設に導入した。また、愛知県豊田市(市立こども園3園で実証利用)、岐阜県山県市(市立保育園4園、今後は全7園に順次導入予定)、そのほか2自治体の公立学童保育への導入も決定しており、現在多くの自治体へ提案しているという。

 子ども施設向けICTソリューションの入退室管理や保護者との連絡機能は、保育園や幼稚園だけでなく、学童保育・小学校・中学校などにも活用できる。NTT西日本グループは、今後も多くの子ども施設へのICT導入のサポートを推進していくことで、さらなる社会課題解決に寄与していくとしている。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top