教育業界ニュース

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」英語4技能対応へ

 すららネットは2020年4月27日、英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」を提供するアイードと業務提携を結んだ。これにより、AI×アダプティブラーニング教材「すらら」の英語4技能対応を実現する。

教材・サービス その他
すらら
  • すらら
  • アイード
 すららネットは2020年4月27日、英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」を提供するアイードと業務提携を結んだ。これにより、AI×アダプティブラーニング教材「すらら」の英語4技能対応を実現する。

 すららネットが提供するAI×アダプティブラーニング教材「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会の5教科の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと一緒に、ひとりひとりの理解度にあわせて進めることができるeラーニング教材。レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能により、学習者の習熟度に応じて「理解」「定着」「活用」のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できる。国内では約1,000校の塾、学校などに提供している。

 今回の業務提携により、これまで「読む」「聞く」「書く」の3つの技能の学習を提供してきた「すらら」英語に、AIが話者のスピーキングを診断し改善点フィードバックを行う「CHIVOX」を搭載し、2020年中に正式リリースする計画で英語4技能対応版「すらら」の開発・提供を進める。学習者はドリル問題を解きながら、同時に自分のペースでスピーキング力を試すことができる。スピーキング力やその学習量を競う世界スピーキングコンテストなど、ゲーミフィケーション要素も取り入れた仕組みも拡充していく予定としている。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top