教育業界ニュース

九州大×NTT西日本、広島市立大にてLAの共同トライアル展開

 九州大学とNTT 西日本は、最先端のラーニングアナリティクス(LA)に関する実績・研究をもとに大学教育のDXを支援する取組みで連携。他大学への展開の第1弾として、広島市立大学にてLAに関する3者共同トライアルを実施すると発表した。

教材・サービス その他
ラーニングアナリティクス(LA)に関する連携
  • ラーニングアナリティクス(LA)に関する連携
  • おもな役割分担
 九州大学とNTT西日本は、最先端のラーニングアナリティクス(LA)に関する実績・研究をもとに大学教育のDXを支援する取組みで連携。他大学への展開の第1弾として、広島市立大学にてLAに関する3者共同トライアルを実施すると発表した。

 新型コロナウイルスの影響により大学における教育のあり方が大きく転換する中、今後さらにDXによる多彩で効果的な学修機会の創出・提供によるニューノーマルに対応した新たな大学教育のあり方が求められる。

 九州大学は2014年より最先端のオンライン授業を全学へ提供、2020年度後期には約4,800科目のオンライン講義を実施した。2021年4月には、LAセンターを設立し、教育データの分析研究を通しエビデンスに基づく教育を推進、教育・学修の改善に貢献している。こうした背景を受け、九州大学とNTT西日本は、LA技術の活用により個人の主体的な学修や個別最適化された学修指導、特色ある学校づくりにより大学教育のDXを支援する取組みで連携した。

 今回、LA教育分野の連携を全国の大学へ展開する初の取組みとして、広島市立大学を実証フィールドとした共同トライアルを実施する。すでに、2021年10月より広島市立大学3学部20講義にて九州大学の世界最先端LA教育研究成果を活用した先行トライアルを開始しており、今後、顕在化した課題抽出および改善に取り組むべく、2022年4月から2023年3月の期間、共同トライアルを本格実施する。

 広島市立大学は、先行トライアルの適用範囲を拡大しながら、標準化したLAの仕組みを活用した分析の可視化とフィードバック、電子教科書を活用した学修データ収集・分析・講義(セミナー型、演習型、ゼミ型)にあわせたLA活用、等に取り組む。また、九州大学は最先端のLA研究・取組みに基づくアドバイス等を行いながら、結果をもとにしたさらなる研究を実施。NTT西日本は、LAサービスの本格提供化を進めることで、幅広く取組みを展開し全国の高等教育の教育DXに貢献していくとしている。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top