教育業界ニュース

iPad導入前後の学校・学習の変化…iTeachers TV

 iTeachers TVは2021年10月6日、東海大学付属相模高等学校・中等部の犬塚孝一先生による教育ICT実践プレゼンテーション「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」を公開した。iPad導入前後の変化や具体的な活用実践を紹介する。

事例 ICT活用
iTeachers TV「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」
  • iTeachers TV「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」
  • 犬塚孝一先生「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」
  • iTeachers
 iTeachers TVは2021年10月6日、東海大学付属相模高等学校・中等部の犬塚孝一先生による教育ICT実践プレゼンテーション「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」を公開した。iPad導入前後の変化や具体的な活用実践を紹介する。

 iTeachers TVは、教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム「iTeachers」による教育ICT情報番組。先生や生徒、教育関係者をゲストに招き、ICTを活用した「新しい学び」の実践や取組みをプレゼンテーション形式で紹介する。

 今回のゲストは、東海大学付属相模高等学校・中等部の犬塚孝一先生。「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」と題して、9月29日に前編(Vol.290)、10月6日に後編(Vol.291)を公開した。

 犬塚先生は、東海大学付属相模中等部3年の学級担任および技術、理科を担当。これからの学びを考え、授業ではドローンプログラミングやテーマムービー作成等を実践し、ICTだからできる学びの本質と向き合い奮闘中。中等部ICT教育推進委員長、東海大付属校の学園ICT教育推進委員として、より良い教育ICTを目指している。

 東海大学付属相模高等学校・中等部では、2014年からiPadを試験導入し、2017年に中等部1年生からBYODによる1人1台環境を学年進行で開始している。前編では、iPad導入前後の変化を振り返りながら、ICTを促進するうえで重要な一斉学習・個別学習・協働学習の組合せ、教員を巻き込む取組み、導入活用を加速するポイント等を解説。教員の働き方の変化についても紹介する。

 後編では、ICT導入から5年経った現在、実際にどのようなシーンで活用し、生徒の学びのスタイルがどのように変わっていったのかを紹介。eラーニング教材「すらら」導入後の取組みや課題、改善後の活用事例や成果についても解説する。失敗してもすぐに改善することの重要性や即断即決即行動といった、ICTを進めるうえでの成功ポイントも伝える。

 番組後半には「教育ICTなんでも3ミニッツ」コーナーを収録。前編・後編にエー・フリークの石川健太さんが登場し、前編で「私が聞いたiPadが壊れる場面トップ5」、後編で「私が聞いたiPadペンを使う場面トップ3」を紹介する。

 番組は、すべてiTeachersのYouTubeチャンネルで視聴できる。毎週水曜日の夜に「iTeachersTV~教育ICTの実践者たち~」シリーズの新作を公開している。これまでに291回の番組を配信しており、過去の番組も視聴できる。

◆iTeachers TV【Vol.290】東海大学付属相模高等学校・中等部の犬塚孝一先生
「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」前編


◆iTeachers TV【Vol.291】東海大学付属相模高等学校・中等部の犬塚孝一先生
「Before/Afterによる変化~iPadによる、一斉・個別・協働で学校がこう変わった~」後編
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top