教育業界ニュース

オールインワン教材「PBLサポートパック」中高大学向け

 Strobolightsは2021年7月30日、PBL(Project Based Learning)を中学、高校、大学の授業で導入するためのオールインワンパッケージ教材「PBLサポートパック」を発売した。PBL導入の悩みを解消し、校内で完結させることができる。

教材・サービス 授業
PBLサポートパック
  • PBLサポートパック
  • PBLサポートパック
 Strobolightsは2021年7月30日、PBL(Project Based Learning)を中学、高校、大学の授業で導入するためのオールインワンパッケージ教材「PBLサポートパック」を発売した。PBL導入の悩みを解消し、校内で完結させることができる。

 文部科学省が推進するアクティブ・ラーニングの教育方法として注目されているPBL。生徒が自ら問題を見つけ、その問題を自ら解決する力を身に付けることを目指した学習方法で、昨今導入を検討する学校は増えているものの、実施するためのノウハウの少なさから導入・活用に課題を抱える教育現場が多いという。これまでの日本の教育とは根本的に方法論が異なるため、教材不足、テーマ選定や外部人材へのアクセスの難しさといった多くの課題がある。

 こうした状況を受け、教育現場での豊富な講義実績を持つStrobolightsは、PBLに必要な汎用的教材およびツールを独自に企画・設計し、必要な要素がすべて揃った教材セットとして販売を開始した。PBLに必要なテーマ素材や解説教材、授業で使用できる講義動画や授業用スライド、指導者向けのガイドブック等がパッケージになっているため、PBLを実施したことがない初心者でもすぐに授業に展開できるという。

 教材はすべて編集可能なパワーポイントデータで納品。授業にあわせて独自のアレンジを加えたり、授業の長さ・実施期間にあわせてカスタマイズしたPBLを展開することができる。購入時以外に年度ごとの追加課金等はなく、すべてがデジタルデータ教材のため学内の共有資産として展開することも可能。教育現場の実態に沿って開発された教材のため、外部人材に頼ることなく校内でPBLを完結することができる。

 テーマ素材は、「女性、ジェンダー」「テクノロジー」「グローバル」「働き方」の4ジャンルから1つ選択。1ジャンルに2~3個のPBLテーマが用意されており、4種類のチームビルディング素材も用意されている。プランはライト版33万円、フル版55万円(いずれも税込)の2種類をラインアップ。購入希望や問合せは、Strobolightsが運営するサイト「せんぱいトーク.com」の問い合わせフォームにて受け付けている。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top