教育業界ニュース

プログラミング活用教材「STEAMタグラグビー」EdTechライブラリーで公開

 STEAM Sports Laboratoryは、体育教材「プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”」が、2021年3月1日から経済産業省「未来の教室」EdTechライブラリーにて公開されたことを公表した。

教材・サービス 授業
プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”
  • プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”
  • プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”
  • プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”
  • プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”
  • 「未来の教室」EdTechライブラリー
 STEAM Sports Laboratoryは、体育教材「プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”」が、2021年3月1日から経済産業省「未来の教室」EdTechライブラリーにて公開されたことを公表した。

 「プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”」は、経済産業省「未来の教室」事業のもと、開発・実証を重ねてきた。「遊び」かつ「ゲーム」であるスポーツのワクワク感(うまくなりた、勝ちたい)を活用し、児童・生徒の「主体的・対話的で深い学び」を引き出すプログラム。タグラグビーを起点に、算数・数学およびプログラミング学習を相互に関連付けた“戦略志向”型の新しい体育教材となっている。

 現代の世界共通の教育キーワードであるSTEAMは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、人文社会・芸術・デザイン(Art)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念のこと。経済産業省は、2019年に「未来の教室」ビジョンを取りまとめ、「学びのSTEAM化」を今後の教育改革の重要な柱のひとつとして掲げた。今回、「学びのSTEAM化」の拡大、普及を目指し、小学生から高校生を対象に学校現場での活用を想定した「STEAMライブラリー」の公開とともに、これまでの実証事業や導入実績を掲載した「EdTechライブラリー」の全面リニューアルを実施した。

 「プログラミングを活用した戦略思考型体育“STEAM タグラグビー”」は、3月1日から経済産業省「未来の教室」EdTechライブラリーにてリニューアルバージョンで公開。従来は小中学校の体育の授業への導入を想定していたが、2020年度に大分県の複数の高校に導入され、高校生の探究教材として活用された。今後は、小中学校に留まらず、高等学校向けの導入実績や具体的な活用事例などについても、EdTechライブラリーにて更新していくという。

 また、指導者向けの「STEAM Sports指導者研修」を随時実施。今回EdTechライブラリーに掲出された「STEAMタグラグビー」や「STEAM Sports指導者研修」に関する説明会を開催予定で、「STEAM Sportsサポートメンバー(無料)」に登録すると詳細が決まり次第案内する。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top