教育業界ニュース

緊急事態宣言解除後の学校活動、文科省「卒業式ぜひ実施して」

 新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言が、首都圏1都3県を除く6府県で2021年2月28日をもって解除された。これを受けて、文部科学省の萩生田光一大臣は解除後の学校活動について、卒業式や修学旅行を積極的に実施してほしい考えを示した。

教育行政 文部科学省
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 会見する萩生田光一文部科学大臣
 新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言が、首都圏1都3県を除く6府県で2021年2月28日をもって解除された。これを受けて、文部科学省の萩生田光一大臣は解除後の学校活動について、卒業式や修学旅行を積極的に実施してほしい考えを示した。

 政府は、2月26日開催の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、感染者数が減少している6府県の緊急事態宣言を2月28日で解除することを決定。東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県については、感染者数は減少しているものの、医療提供体制の状況が依然として厳しい状況にあるとして、3月7日の期日までに解除できるか判断するとしている。

 2月26日に会見した文部科学省の萩生田大臣は、緊急事態宣言解除後の学校活動について言及。年度末の学校行事について「感染拡大に配慮しながら、できる限り実施をして、きちんと節目を作って新しい年度を迎えてあげたい。特に卒業式などは人数制限や換気など多少不自由はあるだろうが、ぜひ実施していただきたい」と述べた。

 2020年度の修学旅行については「3月31日までわずかではあるが、子どもたちにとっては大切な学習の機会だと思うので、積極的なチャレンジをしていただければ」と語り、実施に前向きな姿勢を示した。

 部活動の実施については、「基本的な感染症対策を講じつつ段階的に通常の活動に移行していただければ」と説明。3月下旬に各競技で高校生の全国大会が予定されていることにも触れ、「昨年の春の全国大会は感染症の影響を受けてやむを得ず中止となったが、生徒の気持ちを察すると本当に残念だったと思う。今年こそは生徒にとって夢の舞台である全国大会が実現できるように関係団体において万全の準備をしていただけると承知しているし、この間、スポーツ大会をどう行ったら感染防止につながるかという知見がつまっていると思う。知見をわれわれも積極的に提供していきたいと思うし、関係団体で協力していただきたい」と語った。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top