教育業界ニュース

小中学校向けキャリア教育、講師派遣授業プログラム参加校募集

 転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリアは、全国の小中学校に提供しているキャリア教育 講師派遣授業プログラム「小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ」2021年度参加校の募集を開始した。

教材・サービス 授業
小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ
  • 小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ
  • 授業は1Dayプログラム、2Dayプログラム、カスタマイズプログラムの3種類
 転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリアは、全国の小中学校に提供しているキャリア教育 講師派遣授業プログラム「小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ」2021年度参加校の募集を開始した。

 「小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ」は、小学4年生から中学3年生を対象としたキャリア教育プログラム。パーソルキャリアが全国の小中学校に無償で提供している。パーソルキャリアのキャリアアドバイザーらが講師を務め、現場で培った経験・知識をもとに、自ら主体的に判断しキャリアを形成していくための「生きる力」を養う授業を行っている。2018年の開始以来、2020年12月時点で全国延べ22校、2,194人の子どもたちに授業を提供しているという。

 授業は学校の要望に応じて、1Dayプログラム、2Dayプログラム、カスタマイズプログラムを提供。子どもたちに「はたらく」を自分のものにする力を身に付けてもらうため、授業ではたくさんの職業を知ることの大切さや、「何に」なりたいかではなく「なぜ」なりたいかを考えることの大切さを伝えている。

 2020年度のワークショップでは、新型コロナウイルスの影響で「はたらく」の当たり前が変化しつつある中、これからの社会を自分らしく生き抜くために、子どもたちが今すべきことは何なのかについて一緒に考える時間も設けた。

 参加者からは、「仕事は誰かの“ありがとう”につながっていることが新しくわかった(小学6年生)」「仕事は『何を』以上に『なぜ』で選ぶという話を聞いて、自分自身がなぜ教員になったのかを改めて考えた(小学6年担任)」「自分自身が子どものころにこの授業を受けていたら人生が変わっていそうだ、と考えるような授業を見せてもらった(保護者)」といった声が寄せられている。

 応募は、「小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ」Webサイトにある「お問い合わせフォーム」より受け付けている。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、授業はソーシャルディスタンスを確保したうえで、学校の希望に応じて対面またはオンラインで実施する。

◆小中学校向け“はたらく”を考えるワークショップ
【1Dayプログラム】
対象学年:小学4年生~6年生
必要コマ数:2コマ×1回(合計2コマ)

【2Dayプログラム】
対象学年:小学4年生~6年生
必要コマ数:2コマ×2回(合計4コマ)

【カスタマイズプログラム】
対象学年:小学4年生~中学3年生
※高校生は要相談
必要コマ数:応相談
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top