教育業界ニュース

小中学校向け学習クラウド「スマイルネクスト」9月発売

 ジャストシステムは2021年9月1日、小中学校向け学習クラウド「スマイルネクスト」を発売。GIGAスクールにおける学びを毎日実践できるソフトと教材をワンパッケージで提供する。

教材・サービス 授業
小中学校向け学習クラウド「スマイルネクスト」
  • 小中学校向け学習クラウド「スマイルネクスト」
  • 授業パッケージ
  • スマイルドリル
  • スマイルノート
  • 課題管理機能
 ジャストシステムは2021年9月1日、小中学校向け学習クラウド「スマイルネクスト」を発売。GIGAスクールにおける学びを毎日実践できるソフトと教材をワンパッケージで提供する。

 「スマイルネクスト」は、教務支援、学習ツール、情報教育教材、素材集、管理・運用機能が1つになった、小中学校向けクラウド学習パッケージ。先生はICTを活用した授業を毎日実践し、児童生徒は基礎学力の向上に加え、主体的・対話的で深い学びが行えるようになる。

 代表的な機能は「授業パッケージ」「スマイルドリル」「スマイルノート」など。「授業パッケージ」には、ICT活用授業の略案や教材を180授業分と、一斉学習、個別学習、協働学習それぞれの場面に応じた代表的な活用方法が具体的にわかる「ICT活用パターン」を20種類収録。授業パッケージとICT活用パターンを利用し、授業実践を繰り返していくうちに、自然と「ICTを効果的に活用したオリジナル授業の実践」ができるようになり、先生のICT活用指導力を向上させていくことができる。

 「スマイルドリル」は、小学校向けには5教科2万8,000問、中学校向けには9教科1万6,000問の問題を収録。自動採点機能により、児童生徒は1人でも手書きでテンポよく解き進められる。算数・数学ではつまずきに合わせ問題をさかのぼって出題するアダプティブ・ラーニング機能により、ひとりひとりに合った学びが可能。問題文は総ルビ表示ができるため、漢字が苦手な外国人児童生徒や学習困難者にも配慮している。

 「スマイルノート」は児童生徒中心に活用できるデジタルノートで、資料作成や発表、共同編集ができて協働学習にも利用できる。スマイルノートはスマイルドリルと連携でき、先生がスマイルノートで作成した教材と、それに対応したドリル問題を連携させることにより、教材選択する手順などを介さず1ステップで目的の問題を開くことができる。

 このほか、新学習指導要領に則り、キーボード練習、情報モラル教材、プログラミング教材を搭載。情報モラル教材は、疑似体験やストーリー型の最新教材でケーススタディ、リスクに気づき未然に対応できる力を養う。プログラミング教材は、一連の手順を可視化して共有・改善する活動ができるフローチャート作成ソフトや、ステージをクリアしながら自然にプログラミング的思考が身に付くビジュアル・プログラミング教材、中学校向けには、生活や社会の問題解決を体験できるプログラミング教材を搭載している。

 また、すべての学習成果を一元管理・評価できる「課題管理」機能も搭載。課題の配付から学習活動、評価まで一貫して行える。

 Windows、iPadOS、Chrome OSのマルチOSに対応。価格は要問合せ。「スマイルネクスト」に含まれるドリル教材のみを単体提供する。

◆スマイルネクスト
発売日:2021年9月1日(水)
製品ラインアップ:
・スマイルネクスト[小学校版10](1年間)
・スマイルネクスト[中学校版10](1年間)
・スマイルネクスト ドリル[小学校版10](1年間)
・スマイルネクスト ドリル[中学校版10](1年間)
※必要な人数分を10アカウント単位で購入できる
※年間契約のライセンス(複数年の契約も可能)
※価格については要問合せ
動作環境:
<OS・ブラウザー>
・Windows
【OS】Windows10
【ブラウザー】Microsoft Edge(Chromium)/Google Chrome
・iPad
【機種】2017年以降に発売されたiPad/iPad Pro/iPad Air
【OS】iPad OS 14以上
【ブラウザー】Safari
・Chromebook
【ブラウザー】Google Chrome
<画面>解像度1024×768以上
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top