教育業界ニュース

学校と保護者の連絡手段をデジタル化、4月より提供開始

 理想科学工業は、スマートフォン用アプリを使った学校向けソリューションサービス「スクリレ」の提供を2021年4月より順次開始する。保護者がアプリ上の広告を見ると学校にポイントが付与され、獲得ポイントを貯めて学校で使う事務用品などに交換できる。

教材・サービス 校務
「スクリレ」の概要
  • 「スクリレ」の概要
  • スクリレ
 理想科学工業は、スマートフォン用アプリを使った学校向けソリューションサービス「スクリレ」の提供を2021年4月より順次開始する。保護者がアプリ上の広告を見ると学校にポイントが付与され、獲得ポイントを貯めて学校で使う事務用品などに交換できる。

 「スクリレ」は、学校と保護者をつなぐ連絡手段をデジタル化するサービス。学校単位で契約し、保護者のスマートフォンに学校の先生が配布するお便りなどを届けることができる。

 「スクリレ」を使えば、子どもがお便りを出し忘れることもなくなり保護者に確実に届けられる。個人情報を登録せずに利用でき、学校も保護者も安心して利用可能。毎日の検温結果がクラスごとに集計され、欠席連絡の電話対応も不要となるため、教職員の業務負担を軽減できる。

 アプリへの広告費の一部を学校に還元する「スクリレポイント」が最大の特徴で、保護者がアプリ上の広告を閲覧すると学校にポイントが付与される。学校は貯めたポイントを事務用品などに交換することができる。アプリ上の広告は、学校の地域や学年などにあわせて掲出可能。広告主は、広告効果を得るのと同時に地域の学校の応援ができるサービスとなっている。

 保護者のスマートフォンにお便りを届ける「スクリレお便り」は無償。欠席連絡や個別連絡、アンケートなどは有償のオプションサービスとなり、学校に必要な機能を任意に追加できる。なお、「スクリレポイント」サービスは無償で利用できる。「スクリレお便り」は2月1日受付開始、4月1日よりサービス開始。オプションサービスと「スクリレポイント」は7月1日受付開始、9月1日よりサービスを開始する。

 一部地域の学校で実施した実証実験では高い評価を得ており、2021年4月より順次、対象地域を全国に拡大する。サービス開始から2年後となる2022年度末には利用校2,500校、アプリユーザー100万人の獲得を目指しているという。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top