教育業界ニュース

自治体のプログラミングコンテスト無償支援…CA Tech Kids

 サイバーエージェントの連結子会社である小学生向けプログラミング教育事業のCA Tech Kidsは2021年度、地方自治体による小学生を対象としたプログラミングコンテストの開催を無償支援する。2021年1月21日から、開催を希望する自治体の募集を開始した。

教育行政 教育委員会
地方自治体による小学生プログラミングコンテストの開催を無償支援
  • 地方自治体による小学生プログラミングコンテストの開催を無償支援
  • 地域コンテスト開催メリット
  • 2020年度地域のコンテストを開催した12の団体
 サイバーエージェントの連結子会社である小学生向けプログラミング教育事業のCA Tech Kidsは2021年度、地方自治体による小学生を対象としたプログラミングコンテストの開催を無償支援する。2021年1月21日から、開催を希望する自治体の募集を開始した。

 CA Tech Kidsは、2018年度から地域の小学生を対象とした地方自治体のプログラミングコンテスト開催を支援。コンテスト全体の設計から、作品の募集と審査、広報活動など、幅広い支援を無償で行っている。2020年度は渋谷区や茨城県など、全国12の自治体などと連携し、各地でプログラミングコンテストを開催している。

 2020年度より小学校でプログラミング教育が必修となり、自治体や学校現場によるプログラミング教育活動が活発に進められている。だが、子どもたちが学習成果を発揮するコンテスト開催には、専門的な知識や運営ノウハウが必要で、自治体などにとってはハードルが高い側面があることから、2021年度も引き続き地域でのプログラミングコンテスト開催を無償で支援する。新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、オンラインでのイベント開催の支援も可能としている。

 CA Tech Kidsによると、地域コンテスト開催には、「子どもたちの目標ができる」「全国にアピールできる」などのメリットがある。全国最大規模のプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」を主催するCA Tech Kidsが、作品募集や審査を無償で支援するため、無料でコンテストを開催することも可能だという。

 開催を希望する地方自治体の募集は1月21日より開始。興味のある自治体は、CA Tech KidsのWebサイトから資料請求する。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top