教育業界ニュース

生徒のアカウント作成・管理支援「dynaSchool Account Manager」

 Dynabookは2020年10月12日、教育現場における児童・生徒のアカウント作成・管理を支援するdynabook GIGA構築支援メニュー「dynaSchool Account Manager」のサービス提供を開始した。学校ごとにアカウントの登録、変更、削除を可能にし、アカウント管理の手間を軽減する。

教材・サービス 校務
dynaSchool Account Manager
  • dynaSchool Account Manager
  • dynaSchool Account Manageの利用イメージ
  • Azure Active Directory管理センターとMicrosoft Teams for Educationでは煩雑な作業や難しい設定が必要
  • 「dynaSchool Account Manager」はExcelベースで簡易化
  • Dynabook Day 2020
 Dynabookは2020年10月12日、教育現場における児童・生徒のアカウント作成・管理を支援するdynabook GIGA構築支援メニュー「dynaSchool Account Manager」のサービス提供を開始した。学校ごとにアカウントの登録、変更、削除を可能にし、アカウント管理の手間を軽減する。

 Dynabookは、GIGAスクール構想の実現に向けたdynaSchool GIGAスクールパッケージとして、「dynabook K50」と「Microsoft 365 Education GIGA Promoライセンス」を組み合わせた基本パッケージ「dynabook K50 GIGAパック」を提供している。今回、Microsoft 365 Education GIGA Promoの煩雑なアカウント作成・管理やクラス単位のチーム作成などを素早く簡単に行えるツールとして「dynaSchool Account Manager」を商品化、サービス提供を開始した。

 クラウド上でのアカウント作成・登録・管理は、導入時だけでなく、毎年の進級対応やクラス替えの際にも必要だが、学校・教育機関での直接操作や運用が難しく現場での課題になっていたという。「dynaSchool Account Manager」はITに慣れていない先生でも簡単に操作できるよう、使い慣れたExcelベースで必要項目に合わせた表形式のフォームに情報を入力するだけで、「Azure Active Directory管理センター」やMicrosoft Teams for Education上で実施していたアカウント設定を簡単に行うことが可能。アカウント作成方法を簡素化し、作業負担の軽減を支援する。

 また、導入時だけでなく、毎年の進級対応や児童生徒の転校、先生の転勤などの登録・変更もスムーズに行うことができる。転校などにより管理テナントからアカウントを削除した場合を除き、過去に学級・クラスで使用していた共有データ(小学生なら1年生から6年生まで)を残した状態で運用することができるため「振り返り学習」も可能に。設定や操作方法が不安な学校、教育委員会向けにオプションのヘルプデスクも用意している。

 「dynaSchool Account Manager」の年間利用ライセンスおよび、「dynaSchool Account Manager ヘルプデスク」はオープン価格。問合せなど詳細はWebサイトにて確認できる。なお、11月10日にオンラインおよび会場にて開催する「Dynabook Day 2020」では、さまざまな新商品の紹介やセミナーを通じてニューノーマル時代を生き抜くヒントを提示するという。イベント詳細は特設Webサイトで確認できる。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top